清く正しく美しく・・・

 街は、すっかりクリスマスを装って素敵気分。賞味期限の切れた私にも、なにかしら、幸せが舞い降りてきそうな、ときめきの季節。
 私の住む北九州市でも、都心部で「星 ひびき逢うまち 小倉」と銘打って
『小倉イルミネーション2007』が、華やかに冬を彩って光の海を演出。
 神戸のルミナリエほど有名ではないけれど、建物や川沿いの樹木などロケーションを生かしたスケールの大きいイルミネーションは、西日本随一といわれるくらいである。
 ということで、クリスマスに溢れたニッポン国の12月は、まるでキリスト教国になったみたいだけれど、 
「Merry Christmas」と云っても、キリスト教徒ならともかく.、教会に行ってお祈りする人はいないに違いない。
 ニッポンでは、クリスマスは宗教行事ではなくって、冬のお祭りみたいなものであろう。
 昔むかしその昔、私がピチピチしていた頃は、クリスマスとなれば、男性たるものクリスマスパーティ券なるものを買ってキャバレーという所に行き、ベタベタとチークダンスをしたり、アチコチ触りまくったり・・・なんてことはやらなかったことにして、まあ、言うなれば三角帽子をかぶりクラッカーを打ち鳴らしてドンチャン騒ぎをするというのが、ニッポンの正しいクリスマスの過ごし方だったのである。
 ところが、時は流れてファミリークリスマスなどと云う言葉が生まれ、主婦付の男性はクリスマスケーキを買ってスゴスゴと家に帰るようになり、彼女付の男性は、ホテルで身分不相応なるクリスマスディナーなるものを奢らされて、財布をハタクようになってしまった。
 ホント、私は早く生まれて幸せ・・・。
 そういう訳で、我がニッポンのクリスマスは、昔むかしその昔からキリストさま抜きのクリスマスとなっていたのだけれど、ウソみたいなホントの話しだが、私は、教会でクリスマスを過ごしたことがある。
 私が花の東京で華の独身生活・・・ン? 訂正・・・単身生活を送っていた時、若くしてご主人を亡くした同級の(特に名を秘す)彼女から
「そう八さん、クリスマス一緒にしない?」と電話があったことがある。
 彼女は独身、私は下心いっぱいの男性。これって、ひょっとしたら
「アアしてコウしてアアなって・・・イ、ヒヒヒ」なんてことに進展するのじゃないかと思うかもしれないけれど、とかくこの世はままならぬ。
 彼女は、独身なれどピッカピカのキリスト教バブテスト信者、私は下心付なれど女性的見地から見れば人畜無害の男性。かくして
「清く正しく美しく」という進展にならざるを得ない。ホント、神も仏もないというのは、こういうことを言うのであろう。
 ということで、彼女が所属する日野バブテスト教会にでクリスマスを祝ったことがある。
 この時の「クリスマスセレブレイション」のプログラムをご紹介すると

 1 前 奏
 2 賛 美  「もろびとこぞりて」   一同
 3 祈 り                 司会者
 4 聖 書  ルカ2:1~20     岡田姉妹
 5 賛 美                日野教会聖歌隊
 6 講師紹介              司会者
 7 メッセージ              アーサー・ホーランド師
 8 賛 美  「きよしこの夜」     一同

 我が森家には、お盆にはお寺のお坊さんが来て、有り難いお経をあげてくれるけれど、チンプンカンプン。だけど、牧師さんのお話は、神なき私にもよく分かる。「清く正しく美しく」なんてイヤダーと思っていたのに、何故か「ウン、そう。清く正しく美しく」となってしまった。
 このセレブレイションが終わると「交わりの時」。これが目的で来た訳ではないけれど、信者の皆さんが、お手製のお寿司やサンドイッチに料理などを持ち寄って、楽しくパーティ。
「そう八さんは、家庭料理に飢えてるんでしょ。沢山食べてね」と、優しく勧めてくれるけれど
「そう八さん、これを機会に信者になってね」なんて勧めなかったのは、奥ゆかしい・・・のではなくって、
「この人、云ったってムリ」と見抜いていたのかもしれぬ。
 この集いは、12月の中旬に行われたけれど、イブの夜には改めて
「クリスマスイブ・キャンドルサービス」
 これが行われたのは、教会ではなく、目黒区の信者さんのマンション。これが映画に出てくるようなスゴイ豪華マンション。
 グランドピアノが小さくみえるほどの広いリビングルームに、20人ほど集まって三々五々に座り、キャンドルの光の下で牧師さんのクリスマスメッセージを聞いたり、讃美歌を歌ったりして、サンドイッチやドーナツなどをつまみ、それぞれ持ち寄ったクリスマスプレゼントを交換。
 以来、一夜かぎりのクリスチャンとなり、3年続けて教会でクリスマスを祝ったけれど、4年目の春に
「ハイ、それまでよ」と、華の単身生活にピリオドを打ってしまった。義理と人情と女性に弱い私としては、ぼつぼつ陥落しようかと思っていたのに、すこぶる付で残念である。
「ウソばっかり! イイトコ取りして逃げるなんて、ズルイ」なんて、ドキッとするようなことを云ってもらっては困るけれど、ホント、キリストさま付のクリスマスもいいものである。だから、
 ホテルのクリスマスデイナーの予約は取ったけれど、部屋の予約を取るべきか悩んでいる君、
 イブの夜は、指折り数えてどの彼と、どこまで付き合うかと悩んでいるあなた、
 教会は、迷える羊を歓迎するところですから、手に手を取って清く正しく美しく、クリスマスを過ごしたらどうですか?
 エ、何? 「そう八さんと違って、ちゃんと清く正しく美しくやっていますよ」って・・・。
 2007年も、もうすぐTHE END。今年1年、この夢旅人を読んでいただいてありがとうございます。
 来年も、夢を織り上げ人生に恋して、明るく生きていけたらいいですね。
 どうぞ、良いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。