HAPPY DAYに願いを込めて

 街はクリスマスソングが溢れて・・・と、云いたいところだけれど、師走というのに選挙でしょ。おエライ先生たちが、落ちればタダの人になるから、クリスマスソングを押しのけて「お願い お願い」を連呼。テンヤワンヤの年の暮れとなりました。
 そして、今日は15日。新聞に載っている当選者や各政党の当選者数を見て
 「良かった、ヤッター」と喜びいっぱいの人や
 「ガッカリ、ショック」と残念いっぱいの人や
 「我、関せず」とそしらぬ顔いっぱいの人もいるでしょうけれど、今からは「ナンダカンダ」と云ってももう手遅れ。ニッポン国民の総意が示されたのですから、後は見守るしかありません。
 そして、「アベノミックスを津々浦々まで広げる」という宣言通り・・・実現するのは5年後なんてことは、天下のソーリはコレッポチも考えていませんので・・・1ー2年後はシモジモまで、ニコニコ状態になるに違いありません。バンザイばんざい万歳。
 そのために、侃々諤々と政局ではなく政治を論じ、虚心坦懐に切磋琢磨して刻苦勉励のうえ、宣言実現のため不撓不屈の精神で獅子奮闘の活躍を期待したいものです。
 エ? そんなのムリムリって・・・。
 ウーン、それって、全て神頼みなんてことになりませんように・・・。

 昨年12月の暮れにTVのニュースを見ていたら、北九州市小倉北区にあるリバーウォークで500人で歌う「ゴスペル大作戦」が放映されていた。
 500人もの人が、弾けるように楽しく歌っているのを見て、私、いいかげん年寄りだけれど、
 「ウーン、歌いたい!!!」
と、いう訳で、今年こそはと参加申込をした次第である。
ゴスペル大会 今年は「リバーウォーク 星空のクリスマスー2014年600人のゴスペル」と500人から600人にアップしての大合唱となっていて、本番は12月23日17時からリバーウォーク1階のオープンスペースになっているミスティックコートで開催されることになっている。
 リバーウォークというところは、大型複合商業施設で、店舗がウジャウジャ入っているけれど、外に芸術劇場・美術館分館・NHK・朝日新聞・シネコンなども入っているバカデカイ建物である。
 曲名は、「Let It Go」&「I’m In Love」&「アキラメナイメロデイ」&「STAND」&「I believe」&「HAPPY DAY」の6曲で、練習指導は「SOULMATICS」のメンバー。本番の時は、ニューヨークからプロのゴスペルシンガーが加わるという豪華版である。
 練習は楽しくって楽しくって・・・と、云いたいけれど「アキラメナイメロデイ」を除いて全て英語でしょ。私、ニッポン人。日本語で育ってきたから、英語なんて分かる訳ない。おまけに、いいかげん年寄りなので、覚えるは苦手なんデス。ハイ。
 とは言え「アナと雪の女王」の主題歌の「Let It Go」以外は、初めて聴く曲ばかりだけれど、歌うだけで心ウキウキって感じ。
 「HAPPY DAY」なんて最高のゴスペル。全員で飛んではねて歌ってハッピイ気分いっぱい。私も、若い力を貰ってすこぶるいい気分。
 ウーン、このHAPPY DAY気分のままで今年も終わればいいけれど、そう、終わり良ければすべて良し・・・。
 このプログを読んで頂いたあなた、今年、素敵な年になりましたか。残念無念の年になりましたか。
 いずれにしろ、ここでリセットして、来年は仕切り直しの新たなスタート。やるしきゃありません。
 そして、このプログ「夢旅人」と一緒に夢を追って行きましょう。
 では、良いとお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。