ソウイフモノニ ワタシハナリタイ

 我が街北九州市は、突然の土砂降りの雨に降られることもなかったけれど、入道雲を見ることも少なく、雨模様のどんより&じめじめ夏が続いて、すがすがしい初秋ぬきの秋本番が到来。
 そして今日、9月15日は「敬老の日」。
 私が住んでいる街北九州市小倉北区の南丘校区では、社会福祉協議会が主催して毎年「敬老福祉大会」を開き、75歳以上の方を招待することになっている。
 私は、この協議会の役員をしているので、毎年、その準備にジタバタアタフタする方だったけれど、残念ながらというか、遺憾ながらというか昨年から招待される方になってしまった。
 我が校区の75歳以上は1,100人、その内、元気な300名の方が南丘市民センターで13日に開催された「敬老福祉大会」に出席。
 無論、お茶付の豪華弁当にお土産の菓子折り一箱。それと南丘小学校の子どもたちが一人ずつ書いたお手紙付である。
 私には3年生のあやのちゃんから可愛いカットの入った手紙が入っていました。

わたしは学校で算数をがんばっています。音楽が楽しいです。
あそびは一りん車をがんばっています。一りん車やおにごっこも楽しいです。
おじいさんおばあさんもお体に気をつけて元気に長生きしてください。

 たどたどしい字で書かれていたけれど、それがなお可愛くって・・・。
 市長さんも出席した式典が終わると、アトラクションとして「祝舞」や「獅子舞」などが披露されたけれど、南丘小学校1年生全員が出演したステージが、とっても可愛くて最高!!!
 オジーチャン・オバーチャン達に対する想いを、一人ずつ一生懸命に話した後、オジーチャン・オバーチャンに捧げますと、全員そろって宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を斉唱したのである。
 それも、この詩を読み上げるのではなく暗記していて、全員間違えることもなく大声で斉唱したので、もうビックリ。 
 なんたって1年生でしょ。それが、この長い詩を暗記しているなんて・・・。
 わが校区の1年生はなんと可愛いうえに賢いこと!!!
 我が孫がいないのは残念だけど、お孫さんが出演しているオジーチャン・オバーチャンの嬉しそうな顔・顔・・・。素敵な敬老の日の贈り物でした。
 「雨ニモマケズ」の詩は、むかし昔読んでいるけれど、改めて子供たちから聞かされると、忸怩たる思い溢れ、なんだか子供たちから諭されている気がしてしまった。
 この詩の最後の一節
    「ソウイフモノニ ワタシハナリタイ」
 ほんと、なりたいけれど、なれない私は・・・・。

 是非、皆さんももう一度、この詩を読んでみてください。

雨ニモマケエズ      宮沢 賢治

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
欲ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
・・・・・
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
入ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
・・・・
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
ソウイフモノニ
ワタシハナリタイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。