橋の下のアルカディア

 2016年のJASRAC賞が先月発表され、中島みゆきの「糸」が銅賞を受賞した。金賞は、三代目 J Soul Brothers from EXILE の「R.Y.U.S.E.I.」、銀賞はAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」である。
 JASRAC賞は、日本音楽著作権協会が有線放送やカラオケ、CM等で使われて著作権使用料の多かった作品の作詞家・作曲者・出版者に送られる賞である。
 「R.Y.U.S.E.I.」や「恋するフォーチュンクッキー」は、昨年ヒットした曲だから受賞するのは当然と云えるかもしれないが、「糸」は、なんと24年前に発表された曲である。これがウェディングソングの定番となって、結婚披露宴やカラオケなどで多く使われ、昨年度の著作権使用料が3番目に多かったと言うことで受賞につながったらしい。
スッゴーイ!!! さすが中島みゆき!!!
 「糸」の

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出会えることを
人は 仕合わせと呼びます

 の歌詞を聴くと、エンエン24年間も歌いつながれてきたのも「当然」というものである。
 と、云う訳で大の中島みゆきファンの私にとって、これは嬉しいニュースだったけれど、さらに嬉しいことのは、中島みゆきの 夜会 VOL.18「橋の下のアルカディア」の劇場版が、我が街でも上映されることに決定。九州の片隅に住んでいながら「夜会」の雰囲気にひたれるなんて・・・と、胸ときめかして見に行った次第である。
 いつもはシニア料金1,000円也で映画を見ているでしょ、でも夜会は金2,500円也。タカーイと云いたいけれど、赤坂ACTシアターの公演に行った人から顰蹙をかいそうだから、本音は隠して建前でヤスーイということにしよう。
 映画館では、5.1chサラウンドで大スクーリンで、彼女のアップもいっぱいあって、もう言うことなし。赤坂ACTシアター最上階の片隅のシートより良いのかもしれぬ・・・ウン、本音でヤスーイということに変更することにします。
 今度の夜会で、劇のセリフとなり挿入歌となる歌は全部新曲でなんと46曲。脚本・作詞・作曲・演出も全て中島みゆき。ウン、天才です。彼女。
 舞台は、石造りの橋の下にある地下壕に作られた昭和のレトロ溢れる寂れた地下商店街。この地下壕が地下水路に改修されるため、ここに住む占い師の中島みゆきと酒場の代理ママの中村中に、ガードマンの石田匠が立ち退きを迫るという物語である。
 中島みゆきが、このテーマは「集団が個を捨てる、個が集団を捨てる」と云っているように、橋の下に住む二人を追い出そうとするもののそれを拒否した二人が、地下壕に隠されていたゼロ戦戦闘機で、地下水に溢れる地下街から最後に脱出するシーンでENDマーク。
 ここで、唐突にゼロ戦が登場したのには、驚いたけれど

私の願いは空を飛び 人を殺す道具ではなく
私の願いは空を飛び 幸せにする翼だった

 という歌にあるように、中島みゆきのいろいろな想いを・・・そう、個が集団を捨てる・・・ゼロ戦にのせて表現したに違いないと思った次第である。
 と、なんだかんだと考えるのはヤボなこと。中島みゆきと中村中の演技力と歌唱力は、凄かった!!!感動ものデス。
 単純に、楽しませて貰いました。ウン、もう一度言うけれど、中島みゆきって天才です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)