魅力がいっぱい

『ハードボイルドに恋をして3』は「魅力がいっぱい」と「感じる?」の2編です。
「魅力がいっぱい」では、「眼」「鼻」「乳房」「服装」「化粧」「声」を
「感じる?」では、「好感」「予感」「反感」「冷淡」「孤独」に関する名言を集めました。お洒落な表現、ニヤリとする言葉、ウン納得と思わせる言葉に出会って頂ければ、こんな嬉しいことはありません。

ケアリー夫人は意外そうに大きな茶色の目を見開いた。きれいな目だ、とトレースは思った。もう少し若かったら、夢をみさせてくれただろう。

早川書房「二日酔いのバラード」ウォーレン・マーフィー/田村義進訳

エイミーは・・・大きなワイシャツの襟元を抑えて立ちながら、ぼくの目をじっと見た。ぼくのぼやけた脳味噌の中を無数の偏執的な幻想が通り過ぎた。彼女は挑むような目を向けてきた。ぼくはのぞき見したくなった。

早川書房「破産寸前の男」ピーター・バーセルミ/斎藤数衛訳

メリーアンはわたしのほうに向き直ると、大きな茶色い目のワット数をあげ、心の底から訴えるようにいった。

早川書房「バラは密かに香る」デイヴィット・M・ピアス/佐藤耕士訳

仄かな光の下で二人の目がからみあった。彼女の目の色が変わりつつあった。それは、ヴィンセントが記憶に留めたい目の色ではなかった。もっと好ましい色を彼はすでに胸の奥にしまってある。いまの目は真剣で悲しげですらある。こちらの身を案じているせいでろう。が、それは後日、思い出のページをめくるとき脳裏によみがえってほしい目の色ではなかった。

文芸春秋「グリッツ」エルモア・レナード/高見浩訳

さわさわと波うちぎわに吸いこまれていく泡のような、やさしい瞳をしていた。

福武書店「うたたか/サンクチュアリ/吉本ばなな

ポーラの目が、ジャックをむずとつかまえ、引きこもうとするような表情を帯びた。瞳は明るい灰色で、黄色い筋が放射状に入っている。それはジャックに春の黄昏時と、砒素を思わせた。

早川書房「ビッグ・タウン」ダグ・J・スワンソン/黒原敏行訳

(彼女は)
丸くはないが少しふくよかな顔で、頬の血色はよく、髪は肩まであった。鼻は低すぎる一歩手前で、古典的な美しさをたもっている。

早川書房「秋のスローダンス」フイリップ・リー・ウィリアムズ/坂本憲一訳

「・・・食事のあと、父親にブランデーをすすめられたから、いただきますと言って、ブランデーをすすり、コーヒーを飲み、煙草を喫っていると、母親が下品なイースト・サイドの鼻をツンとたてて、こう言った。〝フランクには酒も煙草もやらない女性を、とつねづね思っていましたのよ〝」
「きみはどうしたんだい」
「高貴なニュージャージーの鼻をつんとたてて、〝本当いうと、わたしは孤児と結婚したい、とつねづね思っていましたの〟と答え、あたふたと母親をとりなをしにかかった馬鹿息子のパーマ頭にブランデーをひっかけて、かえってきた」

早川書房「二日酔いのバラード」ウォーレン・マーフィー/田村義進訳

乳 房

(生ビールとホットドッグを食べていると)
「ごいっしょしてよろしいかしら、ミスター・デンスン」グレイハウンドのように色つやがいい。
わたしは彼女を見あげた。口はホットドッグがいっぱい。マナコは乳房でいっぱい。

早川書房「ハリーを探せ」リチャ-ド・ホイト/浅倉久志訳

その後ろに、帽子のせいで沿岸警備隊の砕氷船みたいに見える、身体中オッパイだらけの女が立っていた。

早川書房「伯爵夫人のジルバ」ウォーレン・マーフィー/田村義進訳

その紙をたたんで私に渡したときの動作は身もだえに近かった。この15分のあいだに、私は、すでにアンゴラに酔い、絶えず深呼吸を続けている胸にニットがどの程度まで耐えられるかという問題のちょっとした専門家になっていた。

早川書房「身代金ゲーム」ハワード・エンゲル/中村保男訳

マニキュアはなかなかイカしているが、ブラウスのほうは、体重の6割が胸に集中している女性にはいい選択とはいえない。ファッション警察がトレント巡回をあまりしなくてよかった。

扶桑社「モーおじさんの失踪」ジャネット・イヴァノヴィッチ/細見遙子訳

(秘書の長い美脚を拝むことができなかったが)
その代わり、フリルのついた白いブラウスのボタンを、上から四つめまではずしたままにしてくれていた。おれは心の奥底に眠る意志の力を総動員して、その谷間を凝視しないように努めた。

早川書房「記者魂」ブルース・ダシルヴァ/青木千鶴訳

ヒップ

かわいいお尻だ。黒板に向かっているときの女性の身体の動きは一見に値する。アメリカの大学進学適正検査の平均点がさがったのは、男の教員が増えて黒板を見る理由がなくなったからであるというのも、トレースが信じて疑わない数多くの明白な理由のひとつだった。

早川書房「二日酔いのバラード」ウォーレン・マーフィー/田村義進訳

ヒップとしては、ブラックウードのそれは、かってわたしが見た最も素晴らしい部類に属するもので、おまけに、当人がそれをあまり気にしていないらしかったので、なおさら素晴らしかった。

早川書房「身代金ゲーム」ハワード・エンゲル/中村保男訳

服 装

(デパートのセーター売場で秋物のサンプルに囲まれたレベッカを見て)
「レベッカ、季節を追い立てるわね。外はまだ、夏の終わりを過ぎたばかりよ」

新潮社「エリー・クラインの収穫」ミッチェル・スミス/東江一紀訳

(劇場で待ち合わせたエレインは黒い革のバイク用ジャケットという身なりだったので)
なかなかいかしている、と私は彼女に言った。
「ほんとうに?」と彼女は言った。
「オフ・ブロードウェイ向きに装ったつもりなんだけど、オフ・オフ・ブロードウェイみたいになってない?」

二見書房「倒錯の舞踏」ローレンス・ブロック/田口俊樹訳

だけど、ほんとのところ、母さんはまだ40歳になってないし・・・夜、化粧してクリスマス・ツリーみたいに着飾ってるときなんか、とってもすてきに見えるーー明かりがうしろにあれば、だけど。

早川書房「汚れた守護天使」リザ・コディ/堀内静子訳

・・・ふたたび呼び鈴をおした。マフィがでた。まだ水着をきたままで、近くでみると、中身はしっかり詰まっていた。
「やあ、マフィ、わざわざ服を着る必要はなかったのに」

早川書房「二日酔いのバラード」ウォーレン・マーフィー/田村義進訳

「私にはきみという人がどうもよくわからない」と私は言った。
「きみは菜食主義者で、レズじゃない。その割には革を着るのが好きだね」
「そうした理解しがたい矛盾の中に、わたしの魅力の秘密が隠されているのよ」

二見書房「倒錯の舞踏」ローレンス・ブロック/田口俊樹訳

おれはいった。それはぜんぜんなにも着ていないのと、ほとんどなにも着ていないのと中間ぐらいだな。

早川書房「俺に恋した女スパイ」ロス・H・スペンサー/田中融二訳

ショーツはウエスト近くまでのハイレグで、パンテイーを穿いていないのが一目瞭然。事実、彼女が身につけている衣類は、体を覆うのが目的というより、体を見せるための服といった方が正しかった。

早川書房「お熱い脅迫状」H・フレッド・ワイザー/仙波有理訳

彼女の五十になる隣人で、いまだにチノパンツにセーター、青いシャツ、ローファーという服装をしている。この街の住民の多くがそうであるように、過ぎた時代に、琥珀の中の蠅のように閉じこめられているらしい。

早川書房「黒いスズメバチ」ジェイムス・サリス/鈴木恵訳

化 粧

顔には化粧も施していた。少し厚すぎ、必ずしも、適正に施されているとは言いたがったが、とにかく化粧は化粧だった。

早川書房「素晴らしき犯罪」クレイグ・ライス/小泉喜美子訳

その顔は、ファウンデーション、ベース、ブラシ、ルージュ、そしてパウダーなど使った地質学上の貴重品といったところで、その目は黒いクラストの塊、石炭から彫刻されたようだった。結果はさんさんたるものになるはずだが、そうではなかった。大違いだった。唇の上に出はじめたしわの線や、上腕二頭筋の下にたるむ肉がなかったら、彼女が必死に努力している目標に達していただろう。

早川書房「感傷の終わり」スティーヴン・グリーンリーフ/斎藤数衛訳

見てよし、話してよし。喉にかかった、甘い声。耳もとでささやかれているみたいだ。2インチと離れていないところから。身を横たえて。

早川書房「二日酔いのバラード」ウォーレン・マーフィー/田村義進訳

そのとき、その幻の女は口をきいた。容姿と同様に、その声も甘味でメロディアスで素晴らしい別世界へと誘いこむような響きをもっていた。

早川書房「消えた女」マイクル・Z・リューイン/石田善彦訳

・・・いまの彼女はじつにセクシーだ。それにルースの声は、もともとこんなだったろうか? まるで彼女の腰の曲線のように、まろやかに聞こえる。

早川書房「図書館の死体」ジェフ・アポット/佐藤耕士訳

まず、彼女について気がついたのはその声だった。低くてハスキーで、ヨーロッパ訛りのある声だった。その声にまず惹かれ、カウンター越しに彼女を見た。心臓が止まるにしろ、鼓動がひとつ飛ぶにしろ、なんでもいい、心臓専門医が心配しそうなことが実際に起きたわけではない。しかし、心臓がなんらかの警告をうけたことは事実だった。

早川書房「泥棒はボガードを夢見る」ローレンス・ブロック/田口俊樹訳

tt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。