Happy Christmas!!!

 あっと言う間に、時は駆け抜けてもう12月15日。
 街はクリスマスに溢れイルミネーションに染まって、流れてくるクリスマスソングを聴くと、何故か、私、いい年をしているけれど心弾む気がする。
 私は、絶対クリスマスソングが大好き!!! パソコンに向かっている時のBGMは、いつもクリスマスソング。
 ニッポンのクリスマスソングは、定番の山下達郎の「クリスマスイブ」をはじめ、「一人っきりのX’mas night」とか「会いたいロンリークリスマス」とか切ない曲が多いけれど、アメリカのクリスマスソングは「Happy Christmas」と、クリスマスを楽しく歌いあげている曲が多いようである。
 陽気なアメリカ人とニッポン人との国民性の違いが如実に現れているのが、クリスマスソングなのかもしれぬ。
  「ジングルベル」をはじめ「ホワイトクリスマス」やジョンレノンの「ハッピイ・クリスマス」とかマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」など、私はまるっきり英語音痴だから歌詞は分からないけれど、曲を聴いているだけで、「Happy Christmas」とクリスマスへの楽しい期待や喜びを歌っていることが良く分かる。
 そして、クリスマスにはクリスマスプレゼントがつきもの。昔むかし、我が家では子供たちには紙で作った大きな赤い長靴にお菓子を詰め込んで、イブの夜に枕元に置いたものだけれど、ささやかなお金でプレゼントを用意できたのである。
 とこらが、今や時は流れ、クリスマスといえば「クリスマス商戦」と合体化し、冬の一大消費イベントになってしまい、ささやかなお金どころか、大枚のお金を払わなければクリスマスプレゼントが買えない時代になったようである。 
 子供たちには、お菓子変じてゲーム、そして、大人達は、レベルアップして、私などは、アップアップしそうなプレゼントに大化けしているようである。
 銀座のデパート「プランタン銀座」が女性569人に調査した結果を「2010年版 みんなのクリスマス事情」として発表したけれど・・・読んでびっくり!!!
 女性が男性に期待するプレゼント金額は平均43、620円。女性が男性に贈るプレゼント予算額の平均は20,635円。過去最低金額だった前年に比べ、共にアップして、クリスマス位は贅沢をしようと想う女性が増えてきているそうである。
 男性がはたくプレゼントは一金43、000円だって・・・。ウーン、これって九州の片隅に住む私の周辺レベル感覚からいえば、なんだか高すぎる気がするけれど、なんたって調査した所は「プランタン銀座」。きっと、大手企業に勤めるキャリアウーマン風のセレブな女性に聞いたに違いない。
 次に、女性が男性に期待するプレゼントの第1位は食事、2位は指輪、3位はネックレス。反対に女性が男性に贈りたいプレゼントの1位は洋服、2位が手料理、3位はネクタイだそうである。いずれも、前年と同じ回答だそうである。
 まあ、これは常識の範囲だからいいようなものの、かくして、商売上手なお店に踊らされて・・・ン、訂正、愛する人のために懐をはたいて、わがニッポン国の経済に寄与すると共に、二人の愛も深まって、ウーン、素敵な「Happy Christmas」になれば、何も云うことありません。
 そして、玉井清弘の句にあるような、クリスマスイブになりますように・・・。

掌のぬくみ伝うるブランデー飲みほせば君になだるる潮(うしお)みちくる

 クリスマスが終われば、今年もTHE END。家の大掃除を済ませたら、人生の埃が溜まらないように、素敵な思い出だけは心の引き出しにそっと仕舞い込み、イヤな思い出は削除して、心の大掃除をしましょうね。
 そして、また来年も素敵な笑顔でお会いできますように・・・。

 ※ 玉井清弘ーー1940年生まれ。高校教師。「音」所属。歌集「風筝」で芸術選奨新人賞。歌集に「久露」など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。