秋深し わたしは何を食う人ぞ

 秋。食欲の秋。天高く馬肥える秋。焼き芋の香り漂い、ついでにオナラも香る秋。
 秋。実りの秋。ピチピチプリンのオッパイが・・・ン? エーット訂正・・・ ピチピチプリンと果物が大きく弾けて実る秋。
 行楽の秋。お土産店で見本のお菓子を、片っ端からつまみ食いする秋。 
 紅葉の秋。春は「花より団子」。勿論、秋は「もみじより饅頭」
 秋。枯葉散る秋。女心と秋の空となって失恋の秋。だからヤケ食いの秋。
 秋。スポーツの秋。日本シリーズの秋。でもジャイアンツが出ないという、とんでもない秋、だからヤケ酒の秋。
 秋。芸術の秋。コンサートの秋。演奏会の途中でお腹がグウグウならないように、お腹を満たしていく秋。でも、お腹いっぱいになると居眠りしそうなので、コーヒーをガブ飲みしてしまい、途中でオシッコに行きたくなる秋。
 秋。美術の秋。美術館でおいしそうに描かれた柿の絵を見たら、連鎖反応で
「柿食えば鐘がなるなり法隆寺」となり、つい帰りに柿を買ってしまう秋。 
 秋。読書の秋。スナック菓子がピッタリの秋。スナック菓子を際限もなく、ポリポリ食べながら本を読む至極の秋。
 ウーン、どの秋をとっても、どうも飲んだり食べたりしなければいけないらしい。
 エ? 何? それって、ソーハチさんの秋のことでしょ。
 いくら秋とはいえ、そんなに食べたら、メタボリック症候群になっちゃうわよ。
 フーン、そうか。フツーの人は、わびしい秋を送っているんだ。おかわいそう・・・・。
 でも、そう云えばアメリカのジョークに、こんなのがあったっけ・・・。

 両親の若い頃のアルバムを見ていた娘が,母親に聞いた。
「このカッコイイ男の人は誰なの?」
「あなたのお父さんよ」
「ふーん・・・」
 娘は父親の方をそっと指さして、小声で聞いた。
「じゃ、あの禿のデブ男は誰なの?」

 ※ 俳句は、正岡子規の作。ジョ-クは井坂清編「ジョークは人生のスパイス」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。