チグハグ感がただよって

どこにも行けないお正月の三が日が過ぎたら、わが街北九州市は雪がドッサリ!!! 毎年、雪はチラッとささやかに降るけれど、降っては消える雪だったでしょ、もうビックリ!!! どこにも行けない日がズズズーイと続いてしまいました。

ほどほどのお正月が終わってヤレヤレと思った途端、私の住む福岡県に緊急事態宣言が突然発令されて、今度はドッキリ!!!

緊急事態宣言を発表するわがニッポン国の賢明なソーリを見て、私、
「この人のいうことは、絶対聞こうね!!!」と、思わなければならないけれど、
「ハイ、分かりました」と思うだけなんですね・・・すみません。ウーン、ニッポン国でいちばん真剣に国民のことを心配しているに違いないソーリには申し訳ないけれど・・・。

そもそも、コロナ対策のトップは通産省出身のエリート官僚西村経済再生大臣。この布陣が発表された時
「エ? 何故、経済再生大臣なの?」と思ったんです。

本来なら、厚生畑のスペシャリストである田村厚生労働大臣が、コロナ対策のトップに立つべきだと思ったけれど、畑違いの人がコロナ対策のトップに立つている国って、ほかの国にあるの?

ウーン、この布陣を見た時、わがニッポン国の賢明なソーリは
「コロナ対策を柱に経済再生を行う」ではなくって、
「経済再生を柱にコロナ対策を行う」と考えているような気がしたんです。「命が一番」の私は、フーカク考えたりしませんので、この布陣を見ただけで、ついなんとなく胡散臭い・・・エート、これって言いすぎ・・・チグハグ感がただよって、
「この人のいうことは、絶対聞こうね!!!」とはならないんですね。残念!

私、ソーリから言われなっくても、ちゃんとやるべきことはやっているんだけれど、やっぱり私の背中を押してくれる人が欲しいデス。

 

大晦日の夜は、例年「紅白歌合戦」を見る定めになっているけれど、うちのかみさんが「いい歳をして紅白見るなんって・・・」と軽蔑の眼差し。でも、わが家では幼少のころから、エンエン83歳になるまで紅白を見続けたという輝かしき歴史があるんです。

だけど、今年の紅白で私の贔屓筋の歌手は、さだまさしと松戸谷由美とPerfumeの3人だけだし、それよりもなによりも、うちの「かみさん」は「神さん」だから従わざるを得ないんです。アメリカの作家パーネル・ホールが書いたミステリー「依頼人が欲しい」の中で

人生にはつい忘れがちなことがある。いかに明々白々であり、いかに単純素朴であり、くりかえしくりかえし、忘れてはならじと自分にいましめても。わたしがついうっかりするのは、何があってもけして妻を相手に議論をしようとするな、ということだ。

と、書いてるとおりなんです。ハイ。
それで、紅白は録画して後でこっそり見ることにして、NHKの裏番組「クラッシク名演・名舞台2020」を見ることになりました。ベートーベンイヤーということもあって、3時間45分にわたりベートーベンづくし。地方のオーケストラがベートーベンの交響曲第1番から第8番までのさわりの1楽章を交代で演奏したけれど、九州交響楽団は第4番で私の好きな第7番でなかったのは残念でした。

紅白を見るのは見たけれど、ヤッパ、録画では何故か迫力に欠けるのですね。今年は敗者復活戦をやってみよう!!!

 

 

 

生きるということ

ウイルス世界大戦が始まって、5人以上の会食や飲み会ダメ、無論、忘年会もダメ、クリスマスパーティも旅行もダメ・・・位なら我慢できるけれど、そのために仕事もダメ売り上げもダメとなって・・・これって我慢の限度を超えて生存の限度ぎりぎりという異次元の世界となってしまいました。

ダメダメダメのオンパレードで日頃の日常がなくなってしまったうえに、寒いというより冷たーい年の暮れ、ちっともおめでたくないよと言いたいところだけれど、でも、今年こそは、光が見える年になると信じて、やっぱりここは、

あけましておめでとうございます

小林一茶が「めでたさも 中くらいなり おらが春」と詠んだのは57歳。83歳の私は「めでたさも どん底なり おらが春」という訳で、余命いくばくならいいけれど、コロナにかかったらたちまちコロリ「ハイ それ迄よ」という魔の年齢。だから、世の中の空気とは関係なく「お正月がきたら歳を取らねばならぬ」という掟があるお正月など、来なくってもいいと思っているけれど、とかくこの世はままならぬ。

でも、なんとか かんとか言っても、私、今、生きているんですから・・・。
そう、そして、あなたも生きているんですから・・・。

谷川俊太郎は、生きるという存在意義など悩まなくっても、ほんの些細なことでも感じることが出来れば、それで充分に生きている意義があるんですよと言って「生きる」という詩を書きました。
私、この詩の中の「木もれ陽がまぶしいということ」が好きです。生きている実感を、その大切さを感じてしまいますが、谷川俊太郎は、生きている限りこの詩の最後のフレーズ「隠された悪を注意深くこばむこと」も大事なことだと言っています。

だって「間違ったら正す」という民主主義の最低のルールを忘れたようなおエライさんが、政治の世界には大勢いるんですからね、

       生きる   谷川 俊太郎

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロデイを思い出すということ
くしゃみすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
隠された悪を注意深くこばむこと

※ 近況をかねた2021年の年賀状を「ご挨拶」の頁に掲載しておりますので、お読み頂けたら幸甚です。
※ 昨年9月に「心の扉をノックして」第4巻をキンドル出版で発行しましたが、その続編として第5巻を出版することが出来ました。内容をご紹介しますので、お求め頂ければ嬉しくって大大感謝します。

1 Oh My Good!!! その2ーーどうしよう?;嗚呼 3・11;叫び;今なお命ありて・・・;福島哀歌;見上げてごらん夜の星を;春はまだ遠く・・・
2 遥かな国にーー幸か不幸か・・・;チェコで日本文学?;15日はお休み宣言;驚き桃ノ木山椒の木 Part1;驚き桃ノ木山椒の木 Part2;驚き桃ノ木山椒の木 Part3
3 終戦記念日に想いをよせてーー崖;死んだ男の残したものは;家族旅行;残響;母よ 誰が
4 男は黙ってハードボイルドーーこれってハードボイルド;これってハードボイルド その2;これってハードボイルド その3
5  これって恋?ーー最後から二番目の恋;恋の原点;恋する男性諸君に;素敵にバレンタイン;好きな言葉は恋? 愛?
6 嘘、本当?ーーウソみたいな真実;???;ホントだって・・・;真剣な話なんだけど・・・;グッドアイデア;マジ?
7 アラカルトーー素敵にドンパチを・・・;スリルとサスペンスに溢れて;真夏の夜の夢;ざまーァ見やがれ いい気分
8 合唱組曲「北九州」をどうぞ その2ーーそこで続けてコマーシャル;じとじと・ベタベタ・ネットリと;ソレイユホーウに乾杯;そこでたびたびコマーシャル;そこであきずにコマーシャル;さよならのステージ