素敵に音楽が満開

春爛漫!!! でも、今年は本来の「花より団子」のアラエッサーサー風情の望みは儚く「団子より花」となって、純粋の花見となったようです。
でも、私のションボリ風情を慰めるように、3月はテレビで私好みの音楽番組がオンパレード。すっかりニコニコ風情となりました。

3月7日にBSフジで「輝き続ける中島みゆき」が、3月21日にNHKBSで「静かな夜のSong Book」シリーズの「For you  EARTH」が、28日には同じく「For you  TIMELESS」が、3月17日にはBSフジで「SDGs音楽特集 未来は僕らの歌の中」が、3月27日にNHKBSで「音楽で心をひとつに~Music For Tomorrow」が放映されました。

「輝き続ける中島みゆき」は、みゆきファンの稲葉敏郎と工藤静香に中村中に元スノーボードクロスの代表の岩垂かれんに編曲家の船山基紀の5人が薀蓄を傾けてこもごもにみゆきへの想いを語り、開催されている「中島みゆきコンサートツアー」の中から選ばれた映像が2時間にわたり放映されました。

私、中島みゆきのむかし昔のその昔からのすれっからしのファンである。82歳だから自称最年長ファンと自負しているけれど、放映された20数曲の映像は、ほとんど私が選曲したみたいに大大好きな曲ばかり。ゲストのトークにうなずきながら、惚れ惚れ見とれて聴きました。でも、彼女、歳を重ねるのを忘れているみたい。いつまでたっても素敵です。

NHKBSの「静かな夜のSong Book」は2月1日のプログで掲載したけれど、これが毎週日曜日の深夜1時30分から1時間にわたって放映されていることが分かって、私、ビックリ嬉しくなりました。

特に21日の「 EARTH」ではマイケル・ジャクソンが「アース・ソング」を大地が壊されていく映像をバックに熱唱。歌も映像もスゴイの一言です!!!
スティングの「フィールズ・オブ・ゴールド」やポール・マッカートニーの「エニグマ・リターン・トゥ・イノセント」にエンヤの「オリノコ・フロウ」にジェイソン・ムラーズの「ワイズ・ウーマン」などが歌われて「 EARTH」のメッセージを伝えていました。歌のイメージに合わせて流れるバックの映像がピッタリで楽しめました。

28日の「For you  TIMELESS」は、ライオネル・リッチーが「エンドレス・ラブ」を、ハワード・ジョンズが「ホワット・イズ・ラブ?」とお馴染みの歌をうたいました。外国のミュージシャンをテレビで見る機会が少ないので、この番組、毎週楽しみです。深夜零時の時間帯ですが、録画しておけば大丈夫。テーマ別に歌が選曲されていて、編集のお手並みはすっごく鮮やか!!!

SEGsとは「人類が安心して暮らすための持続可能な開発目標」ということだけれど、「SDGs音楽特集 未来は僕らの歌の中」では「未来を生きる子どもたちへ伝えたい歌」というテーマ。ナビゲーターが上白石萌音、松任谷由実や常田大樹、森山直太朗などがそれぞれ対談、多くの出演したミュージシャンの中で、私のBEST3は、ダーイ好きな薬師丸ひろ子が「窓」を、森田寛樹が「ハナミズキ」を、上白石萌音が「見上げてごらん夜の星を」です。最後に松任谷由実が「守ってあげたい」を歌ってTHE END。それぞれのミュージシャンの子どもたちへの想いが込められた番組でした。

「音楽で心をひとつに~Music For Tomorrow」は東日本大震災から10年。この大震災にかかわったミュ-ジシャンを迎え、「心をひとつに」をテーマに番組が組まれていました。ナビゲーターは鎌倉千秋に渡辺謙にジャズの小曾根真。出演したのは平原綾香にスガ・カシオにJUJU。ほかに外国のミュ-ジシャンのステングやボブ・ジェームス、ガガなどの豪華メンバーが出演していました。

平原綾香がダニエル・パウダーと「ジュピター」を、ニューヨークから大江千里が「奇跡を望むなら」をJUJUと歌い、私、ニコニコ。でも、外国にいるミュージシャンと一緒に歌っても、音とがまったくズレていないんですね。ホント、不思議。どんな技術を駆使しているの?

最後に大好きなあのナベサダこと渡辺貞夫の演奏で、出演した歌手の皆さんがメドレーで「花は咲く」を謳いあげました。渡辺貞夫ってテレビで見ることなんて、ほとんどなかったけれど、演奏もその姿も依然と変わらず、元気なステージを見せてくれました。テレビの前で拍手です。

 

 

てんやわんや

世界中が「東京オリンピックは出来るの?」心配しているさなかに、元森総理の発言が世界中にまで広がって、てんやわんや!!!

政治家のみなさんは、何事も建前で発言するようになっているらしいけど、元森総理はとっても老練な政治家でエライんです。だから建前なんてアホらしくってと、つい本音で話してしまうのだけれど、「御大のことだから、しょうがないな」と、いつもマアマアですまされていたんですね。だけど、今度ばかりは「そうは問屋が卸さない」となってしまいました。

元森総理は「正直に思っていることを話しただけなのに・・・」と憮然としてヤルセない雰囲気を漂わせたうえに、後継者迄指名するものだから、またもやてんやわんや!!! きっと、オリンピック開会式で世界に「森」を華々しく打ち出せると思っていたのに、悔しくて悔しくってと・・・、心中、お察し申し上げます。

でも、悔しい思いは前安倍総理も同じでしょうね。リオのオリンピックの閉会式で、スーパーマリオのゴスプレで突然登場して世界を〝ア然〟とさせた位ですから、オリンピックの開会式でもとびっきりの演出をと目論んでいたのに出る幕がなくなり・・・、心中、お察し申し上げます。

どうも、わがニッポン国の総理にとってオリンピックは鬼門になっているみたい。賢明なソーリはきっと、コロナに打ち勝ったオリンピックとして世界に名を轟かせ、その勢いで選挙をやり大勝利を収めて正真正銘の総理になるというスケジュールを描いているのでしょうけれど・・・。大丈夫?

2月からワクチンの接種が始まるけれど、世界の84か国ですでに1億5000万人の接種が終わっているんでしょ。製薬業界って、義理人情の世界ではなくお金の世界と思っているけれど、世界で第3位の経済大国のわがニッポン国が遅れをとっているって、どうして? これって不可解!!!

賢明なソーリは「コロナに打ち勝ったオリンピック」にすると宣言しているでしょ。幹事長時代につちかった「命令服従路線」を生かし「全国民にワクチン接種を5月までに完了させ、6月にはコロナを終焉させて目出度くオリンピックを迎えるようにしろ」と命令すれば良かったのに、何故「お任せ路線」にしてしまったのでしょうね。

元森総理の発言で「#わきまえない女」がツイターで広がっているそうだけれど、私、それを聴いて大反省。だって、私、ブリッコしていつも「わきまえている男」を装っているんですね。ウーン、私、82歳。「わきまえない男」になって老害をまき散らすことにしましょう。

エ、何? 「本当に出来るの?」だって・・・。エート、願望です。ハイ。

For You~静かな夜のSong Book?

「1月は行く2月は逃げる3月は去る」と云うとおり、アレよアレよ・・・ン? 訂正、アレッというまにもう2月。わが街北九州市は緊急事態宣言が出されていて、不要不急の外出はするなというお上のお達しが出ているでしょ。おまけに、私、もう82歳。コロナに罹ったらコロリと死ぬと云われている魔の年齢だから、白髪付きで街に出たら「あの人、アホ!」的眼差しで見られると思うと・・・ウーン、息が詰まりそうな世界になったみたい。

・・・てな訳で、1月は家にこもって録りためていたビデオの一斉棚卸を決行。12月は音楽番組が多かったけれど、ビックリしたのはNHKBSで13日午前1時46分から1時間にわたって放映された「For You」、サブタイトルが「静かな夜のSong Book」。それに放映されたのは真夜中。てっきり私好みの甘ったるいラブソングと思って胸ときめかし録画したんですね。

ところが、とんでもハップン。この番組は80年代にイギリスで放映された音楽番組「THE TUBE]から10組のアーティストのパフォーマンスの映像がナレーションなしノンストップで流されたんです。

知っている曲もあったけれど原語でしょ。ところが日本語の歌詞が付いていて読むとビックリ仰天。それが戦争・テロ・デモ隊や黒人に対する暴力・圧政・貧困などに対する怒りと、平和や自由への祈りを歌った曲だったんですね。ラブソング調の曲もあったけれど、歌詞の内容は反戦歌。何となく聞きながしていた曲に、こんなに深い意味があったとは・・・。

最初の曲はルイ・アームストロングの「この素晴らしい世界」。それからは一転してプロコル・ハルムの「青い空」から始まり、マイケルジャクソンやニールヤング&クレージー・ホースなど名だたるアーティストが出演、

画面には、歌詞の内容に沿ったシーンが流されて・・・そう、ベトナム戦争や中国の天安門広場で戦車に向かって一人立つシーンもあったけれど・・・。圧巻は、デヴィト・ボウィが1977年にベルリンの壁に向かって巨大スピーカーを並べ、東ドイツの観衆5000人に向かって歌った「ヒーローズ」

僕は王になる 君は女王になる ヤツラがのさばり続けても 僕らはヒーロー 1日だけ 一緒になる 1日だけ
僕らは会った 壁の前で 僕は覚えている 壁の前で会った 弾が頭上を越え キスをした ことなげに 恥さらしは ヤツらの方 僕らは倒せる 永遠に 英雄になれる 1日だけ

この2年後にベルリンの壁が壊され、2016年にデヴィト・ボウィが亡くなった時、ドイツ政府が出したコメントが流されました。

デヴィト・ボウィよ さようなら あなたは私たちのヒーローです 壁の崩壊に力を貸してくれて ありがとう

プリンスは、メッセージを付けて「メアリー・ドント・ユー・ウィーブ」を歌いました。

アメリカでは銃の被害により 毎年1300人近くの子供が死亡し 5790人が負傷している システムは崩壊した 若者に修復してもらおう 新しい理念と生命が必要だ
思いやりに国境は存在しない

最後の曲はセレステのバラード「ヒァ・マイ・ヴォイス」

世界を変えるの 聴いてね声を 聴いてね夢を 世界を変えるの 信じられる世界に まともな世界に 言葉を聴いて 選択を聴いて 声を聴いて

おとなしいNHKがこんなに強いメッセージソングを持った音楽番組を放映するなんてと、大々的にビッグな驚き。番組名にムード音楽風のタイトルを付け、深夜にこんな番組を放映したのは、きっといちゃもんを付けるオエライさんが寝ている時にやろうと企んだにちがいありません。ウン、この番組のディレクター、あなたって凄い!!!

わがニッポン国でメッセージソングを歌ったのは、私の狭い音楽範囲の中から言えば、サザンの「ピースとハイライト」。外国では、アーティストが平和への強い想いを歌にしているけれど、わがニッポン国でメッセージソングが少ないのは、世間に遠慮しているからでしょうね。エ? 何? 平和ボケからだって・・・。

 

チグハグ感がただよって

どこにも行けないお正月の三が日が過ぎたら、わが街北九州市は雪がドッサリ!!! 毎年、雪はチラッとささやかに降るけれど、降っては消える雪だったでしょ、もうビックリ!!! どこにも行けない日がズズズーイと続いてしまいました。

ほどほどのお正月が終わってヤレヤレと思った途端、私の住む福岡県に緊急事態宣言が突然発令されて、今度はドッキリ!!!

緊急事態宣言を発表するわがニッポン国の賢明なソーリを見て、私、
「この人のいうことは、絶対聞こうね!!!」と、思わなければならないけれど、
「ハイ、分かりました」と思うだけなんですね・・・すみません。ウーン、ニッポン国でいちばん真剣に国民のことを心配しているに違いないソーリには申し訳ないけれど・・・。

そもそも、コロナ対策のトップは通産省出身のエリート官僚西村経済再生大臣。この布陣が発表された時
「エ? 何故、経済再生大臣なの?」と思ったんです。

本来なら、厚生畑のスペシャリストである田村厚生労働大臣が、コロナ対策のトップに立つべきだと思ったけれど、畑違いの人がコロナ対策のトップに立つている国って、ほかの国にあるの?

ウーン、この布陣を見た時、わがニッポン国の賢明なソーリは
「コロナ対策を柱に経済再生を行う」ではなくって、
「経済再生を柱にコロナ対策を行う」と考えているような気がしたんです。「命が一番」の私は、フーカク考えたりしませんので、この布陣を見ただけで、ついなんとなく胡散臭い・・・エート、これって言いすぎ・・・チグハグ感がただよって、
「この人のいうことは、絶対聞こうね!!!」とはならないんですね。残念!

私、ソーリから言われなっくても、ちゃんとやるべきことはやっているんだけれど、やっぱり私の背中を押してくれる人が欲しいデス。

 

大晦日の夜は、例年「紅白歌合戦」を見る定めになっているけれど、うちのかみさんが「いい歳をして紅白見るなんって・・・」と軽蔑の眼差し。でも、わが家では幼少のころから、エンエン83歳になるまで紅白を見続けたという輝かしき歴史があるんです。

だけど、今年の紅白で私の贔屓筋の歌手は、さだまさしと松戸谷由美とPerfumeの3人だけだし、それよりもなによりも、うちの「かみさん」は「神さん」だから従わざるを得ないんです。アメリカの作家パーネル・ホールが書いたミステリー「依頼人が欲しい」の中で

人生にはつい忘れがちなことがある。いかに明々白々であり、いかに単純素朴であり、くりかえしくりかえし、忘れてはならじと自分にいましめても。わたしがついうっかりするのは、何があってもけして妻を相手に議論をしようとするな、ということだ。

と、書いてるとおりなんです。ハイ。
それで、紅白は録画して後でこっそり見ることにして、NHKの裏番組「クラッシク名演・名舞台2020」を見ることになりました。ベートーベンイヤーということもあって、3時間45分にわたりベートーベンづくし。地方のオーケストラがベートーベンの交響曲第1番から第8番までのさわりの1楽章を交代で演奏したけれど、九州交響楽団は第4番で私の好きな第7番でなかったのは残念でした。

紅白を見るのは見たけれど、ヤッパ、録画では何故か迫力に欠けるのですね。今年は敗者復活戦をやってみよう!!!

 

 

 

生きるということ

ウイルス世界大戦が始まって、5人以上の会食や飲み会ダメ、無論、忘年会もダメ、クリスマスパーティも旅行もダメ・・・位なら我慢できるけれど、そのために仕事もダメ売り上げもダメとなって・・・これって我慢の限度を超えて生存の限度ぎりぎりという異次元の世界となってしまいました。

ダメダメダメのオンパレードで日頃の日常がなくなってしまったうえに、寒いというより冷たーい年の暮れ、ちっともおめでたくないよと言いたいところだけれど、でも、今年こそは、光が見える年になると信じて、やっぱりここは、

あけましておめでとうございます

小林一茶が「めでたさも 中くらいなり おらが春」と詠んだのは57歳。83歳の私は「めでたさも どん底なり おらが春」という訳で、余命いくばくならいいけれど、コロナにかかったらたちまちコロリ「ハイ それ迄よ」という魔の年齢。だから、世の中の空気とは関係なく「お正月がきたら歳を取らねばならぬ」という掟があるお正月など、来なくってもいいと思っているけれど、とかくこの世はままならぬ。

でも、なんとか かんとか言っても、私、今、生きているんですから・・・。
そう、そして、あなたも生きているんですから・・・。

谷川俊太郎は、生きるという存在意義など悩まなくっても、ほんの些細なことでも感じることが出来れば、それで充分に生きている意義があるんですよと言って「生きる」という詩を書きました。
私、この詩の中の「木もれ陽がまぶしいということ」が好きです。生きている実感を、その大切さを感じてしまいますが、谷川俊太郎は、生きている限りこの詩の最後のフレーズ「隠された悪を注意深くこばむこと」も大事なことだと言っています。

だって「間違ったら正す」という民主主義の最低のルールを忘れたようなおエライさんが、政治の世界には大勢いるんですからね、

       生きる   谷川 俊太郎

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロデイを思い出すということ
くしゃみすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
隠された悪を注意深くこばむこと

※ 近況をかねた2021年の年賀状を「ご挨拶」の頁に掲載しておりますので、お読み頂けたら幸甚です。
※ 昨年9月に「心の扉をノックして」第4巻をキンドル出版で発行しましたが、その続編として第5巻を出版することが出来ました。内容をご紹介しますので、お求め頂ければ嬉しくって大大感謝します。

1 Oh My Good!!! その2ーーどうしよう?;嗚呼 3・11;叫び;今なお命ありて・・・;福島哀歌;見上げてごらん夜の星を;春はまだ遠く・・・
2 遥かな国にーー幸か不幸か・・・;チェコで日本文学?;15日はお休み宣言;驚き桃ノ木山椒の木 Part1;驚き桃ノ木山椒の木 Part2;驚き桃ノ木山椒の木 Part3
3 終戦記念日に想いをよせてーー崖;死んだ男の残したものは;家族旅行;残響;母よ 誰が
4 男は黙ってハードボイルドーーこれってハードボイルド;これってハードボイルド その2;これってハードボイルド その3
5  これって恋?ーー最後から二番目の恋;恋の原点;恋する男性諸君に;素敵にバレンタイン;好きな言葉は恋? 愛?
6 嘘、本当?ーーウソみたいな真実;???;ホントだって・・・;真剣な話なんだけど・・・;グッドアイデア;マジ?
7 アラカルトーー素敵にドンパチを・・・;スリルとサスペンスに溢れて;真夏の夜の夢;ざまーァ見やがれ いい気分
8 合唱組曲「北九州」をどうぞ その2ーーそこで続けてコマーシャル;じとじと・ベタベタ・ネットリと;ソレイユホーウに乾杯;そこでたびたびコマーシャル;そこであきずにコマーシャル;さよならのステージ