せっかく忖度したのに・・・

もう秋模様。「国民のために働く内閣」(エート、前内閣が国民のためには働いていなかったという皮肉を込めたものではありません。素直に取って下さいね)をキャッチフレーズに、70%の支持率を背景に颯爽と菅内閣が発足。ヤレヤレ、これで世間も穏やかに・・・と、心しずかに秋を味あうつもりだったのに、世の中、また学術会議でかしましくなってしまった。

学術会議が会員候補を推薦したところ、6名の人が任命を拒否されたとのことである。学術会議には年間10億円のわが国民の貴重な税金を使う国家公務員だから「総合的、俯瞰的」な見地に立つべきであり、それにそぐわない人は当然任命出来ないとの思し召しである。

「俯瞰的」って何?って思ったけれど、まあ「上から見る」ということみたいで、要するに「上から目線」即ち「私の目線」で見ることなんでしょね。クールでヤリ手のソーリは「政権の政策に反対する官僚には異動してもらう」と宣言していますので、自分の目線から言えば学術会員といえども公務員ですから、ゴチャゴチャ云われる筋合いのものではないと、割り切っています。

フーン、そうなんだ、210名の会員に10億円、スゴイ!!! 高給取りなんだ、羨ましいと思ったら、事務局の経費が約6億円で学術会議の経費が4億円、でも会員は会議などで出てきた時に日当2万円支払うだけで、給料などは払っていないとのことでした。

フーン、そうなんだ、エライ学者さんの日当が2万円、時給で言えば2500円。各界のエリートの学者さんに2万円なんだ。そのうえ、仕事をするにあたっては公務員だから、オカミの意向に逆うなということらしい。たった2万円で・・・失礼、2万円は私から云えば大金です・・・オカミの意向に逆らったらいけないなんて・・・会員の皆さん、ト・ホ・ホ・ホ。

学術会員ってなんだか可哀そうと思ったけれど、会社で言えば「時給2500円の非正社員だけれど、社員であることに間違いないから、胡散臭い人は採用しません」ということになるんでしょ。だからクールでヤリ手のソーリにとっても、これって正論なんです。ハイ。

でも、政策に沿った意見を出す会員ばかり揃えたら、学術会議といっても、政策にお墨付きを出すだけの存在になり、折角、各界のエリートを集めた学術会議の意味はなくなるんじゃないの?

今度はじかれた6人の方々って、たつた6人でしょう。210名の会員のなかの6人なんだからツベコベ云わずに任命し、フトッ腹のところを見せたら良かったのに・・・。

でも、クールでヤリ手のソーリは、問題の6名の名前は見ていないそうです。と、云うことはエライお役人さんが、クールでヤリ手のソーリに忖度して事前にカットしたんでしょうね。

そりゃあ、クールでヤリ手のソーリは「前内閣を承継します」と云ってソーリになったんですから、忖度の恩恵を受けた前ソーリのやり方も承継しているんですね。エライお役人さんが「忖度も承継しなきゃ」と思ったのも当然のことでしょう。

クールでヤリ手のソーリが「採用するな」なんてことは、いくら心で思っていても言う訳がありません。ウーン、エライお役人さん、当然のことをしただけなのに可哀そうデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)