九州の片田舎でN響?

北九州市小倉北区の最大級の規模を誇る浄土真宗本願寺派の永照寺で、嘉恩弦楽四重奏団の「御堂Consert」が開かれた。
私は、このお寺の門徒で報恩講に行ったとき「御堂Consert」があるので来てくださいね、という住職の言葉につられて行ったのだけれど、コンサートのプログラムを見たらビックリ!
お寺の住職さん達の演奏かと思ったら、とんでもない、メンバーはプロ中のプロ!!!
ヴィオラの川本嘉子さんはN響の首席客演ヴィオラ奏者、第1ヴァイオリンの須山暢大さんは大阪フィルのコンサートマスター、第2ヴァイオリンの横道耕一さんはN響のバイオリン奏者、チェロの宮坂拡志さんもN響のチェロ奏者。そして皆さん、国内外のエライ音楽家に師事していた経歴を持ち、多くのオケと共演しナントカ賞とかカントカ賞など受賞しているスゴイ人たちだったのである。
私、花の都の東京で華の独身生活を謳歌していた頃・・・ン? 訂正、華の単身生活を謳歌していなかった頃、N響の定期演奏会によく行ったものだけれど、我が街北九州市って、全国的レベルから云えば九州の片田舎でしょ。N響なんてお呼びでないのである。だから、プログラムに書かれてある演奏者のプロフィールを見たら、
「スゲー!!!」メンバーでしょ。
「N響のメンバーによる演奏が聴けるんだ」と、もうビックリ!
ご仏壇の前に降ろされた金箔の簾の前で、モーツアルトの「ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏」と「ディヴェルティメント1番と2番」。休憩の後はベートーヴェンの「弦楽四重奏曲第8番」が演奏されたのである。
演奏された3曲とも曲名だけ聞くと聴いたことがあるような気がしたけれど、演奏を聴いたら、
「?」というような感じである。わざわざ東京や大阪から来た4人の奏者の方には、ド・シロウト風の聴衆で申し訳のない気がするけれど、演奏はド・シロウト風の聴衆にも、しんしんとしみじみと心に沁みる演奏で、またもや、もうもうビックリ!!!
私が座ってしる椅子は、演奏しているところから3mほどの位置で、ステージといっても平面だから、目線は同じ。凄いでしょ。モーツアルトが貴族の前でピアノを弾いている風景と同じである。ウン、貴族気分で聴けるって、なんと素敵なことでしょう。
ヴィオラの川本嘉子さんが言っていたけれど、弦楽器の弦が木造の天井の高い空間に共鳴するようで驚いたと話した通り、弦の音が柔らかにやさしく聞えるのである。これって、不思議な感覚なんデス。
以前、この永照寺でミニコンサートがあったけれど、不思議なことに演奏者の皆さん、同じことを言っているんですね。
これって、お寺っていう雰囲気と本堂の構造がコンサートホールにまさる効果を出しているに違いありません。

素敵ですね、永照寺さん。

 

モヤモヤ&モヤモヤ

私は、もともと生まれながらのスポーツ音痴である。但し、何故か生まれながらのジャイアンツファンなので、ジャイアンツが勝っている時の試合だけは見ることにしている。だから、新聞のスポーツ欄はジャイアンツが勝った時だけはしみじみと熟読するけれど、それ以外はパラパラと捲って人生の残り少ない時間を倹約することにしている。
だけど、ワールドカップだけは、世間がアアだコウだとかしましく騒いでいるのに
「キョトン?」としていたら
「そう八さん、認知症?」と思われる可能性があるので見ることにしている。
その第3戦。私は夜型なので最後まで見たけれど、終わりに近づくと我がニッポンチームは、チョコマカとボールの蹴り合いを始め、テキはボカーンとして動こうともしない。ア然!!!
どうも、さむらいニッポンチームは「いさぎよく戦って負けても悔いはない」というニッポン古来の戦法を取らず「果報は寝て待て」というニッポン古来の言い伝えを守ることにしたらしい。
そして、テキはもう1点取っても決勝戦に行けるは訳ないし、ニッポン国から憎まれるようなことはヤメようと博愛精神を発揮して、我がニッポンチームを
「フーン、ヤルじゃん」と見守っていたに違いないのである。
テキとミカタに分かれての大舞台で、双方の思惑が一致するなんて魔訶不思議な現象は、ワールドカップ史上初めてのことだろうから、ギネスブックに登録されるかもしれぬ。
翌日、新聞やTVを見ると、アアでもないコウでもないと大騒ぎ。
マスコミって、頭の良い人が集まっているから、最初の「0勝3敗」からコロコロ言うことが変わっても、「君子は豹変する」のだからいいでしょ、ということらしい。
でも、モヤモヤ感は残っているけれど昔から「勝てば官軍」だし、現代は「結果がすべて」の時代になっているから
「マ、いいか」と言うことでしょうね。

ワールドカップ

ストレス解消法って?

朝日新聞の「beランキング」に「みんなのストレス解消法」という記事が掲載されていた。
朝日新聞デジタルの会員登録者を対象にアンケートした結果、1418人から回答を得た結果を発表したしたものである。
それによると、第1位は「寝る」、第2位は「散歩する」、第3位は「スポーツをする」だそうである。
ハハーン、皆さん、単純明快。トッピなストレス解消法なんかないのですね。
皆さんの解消法は何?
私はと言えば「ン?」 
そりゃ毎晩寝るけれど、眠たくなるから寝るだけである。眠れないとストレス解消法どころか、ストレスの源となってしまうから、梅酒をシングルのグラスに入れて1杯飲むとたちまちスヤスヤ。だから、いずれにしろ、私にとって寝ることとストレスは無関係。
仕事で街をウロチョロするけれど、これは散歩とは言えないし、私はスポーツダメ人間だから、これもハズレである。
私のストレス解消法は、ベスト3には入っていないのである。

しからば第4位以下のストレス解消法はどうかと言うと、第4位は「酒を飲む」、第5位は「旅行する」、第6位は「話をする」、第7位は「温泉につかる」、第8位は「食べる」、第9位は「本・漫画を読む」、第10位は「入浴する」である。

あなたのストレス解消法はどれでしたか?
私にとっては、ほとんど関係のない解消法ばかり。酒ダメ人間だし、お金ダメ人間だから旅行や温泉も関係ないし、話をしたり食べたり本を読んだりフロに入ったりするのは日常茶飯事のことでしょ。これが解消法って? ウーン、訳が分からない。
じゃあ、私の解消法は「何?」ってことになるのだけれど、これが「?」 
よく考えると、私、ストレスがない訳じゃなくって、次から次からストレスが押し寄せてくるけれど、どうも私のストレスには賞味期限があって、それも短いに違いないのである。
「コン畜生!!!」と思っても賞味期限が5日ぐらいだから、アッケラカンと忘れてしまっている。どうも、幸か不幸か、根性というものが私にはないらしい。

ストレス解消に悩んでる方は「ストレスに負けない生活」の作者熊野さんのストレス解消の極意
「力まず」
「妄想せず」
「避けず」の三つを参考に元気になってくださいね。

そして、ストレスを解消して元気になったあなた・・・、でも、
「ストレスの原因はあなた」など、影で言われているんじゃないでしょうね。

なんと20,842歩!!!

ジャジャジャジャーン!!!
私、創立55周年を迎えた「小倉歩こう会」の会員だけれど、この「小倉歩こう会」の4月総会の時、
「エッヘン!!!」 なんと表彰状を貰ったのである。

あなたは入会以来
行事に50回参加され
素晴らしい体力と
精神力に敬意を表し
ここに記念品を贈り
表彰します。

凄いでしょ。
でもね、貰った時、私、ビックリ仰天!!! 驚き桃の木山椒の木・・・。
だって、私、入会したのは平成18年である。12年間で50回参加したというのは、年間16回行事があるのに参加したのはわずか年平均4回ということになる。
それなのに「小倉歩こう会」の落ちこぼれと自負している私が表彰されるとは、ホント、長生きすればイイこともあるんだとしみじみ感激。世の中、捨てたもんじゃないのである。
そして「50回参加記念」と刻印された大きなメダルを貰ってニコニコ&にこにこ。
表彰状に「平成18年入会以来・・・」などとレイレイしく書かれなかったのは、幸せなことだけれど、
「素晴らしい体力と精神力に敬意を表し・・・」と、書いてあるのは、
「チョッピリの体力と精神力に敬意を表し・・・」の間違いではないかという異議が出なかったのは、これまた幸せなことである。
ここだけの話だけれど、ホントは
「会員であることを忘れずに参加したことに敬意を表し・・・」ということかもしれぬ。

かくして、表彰状を貰って発奮した私、5月のコースに参加しエンエンと歩いた歩いた20,842歩!!!
山口県のJR小月駅から高杉晋作で有名な「東行庵」を往復したのである。約12キロ。我ながらスゲーって自画自賛。
一緒に歩いた仲間は平然としてすこぶる当然という顔をして歩いていたけれど、私にとっては、我が生涯にして最大歩数を達成。バンザイばんざい万歳!!!
これなら、
「チョッピリの体力と精神力に敬意を表し・・・」から、
「素晴らしい体力と精神力に敬意を表し・・・」に、変更しても異存はあるまい。

ますます好きに・・・

先月、NHK BSテレビで、私のダーーーイ好きな二人のアーティストの番組が放映されて、私、大大満足。
その二人は、薬師丸ひろ子とPerfume。

放映されたのは「薬師丸ひろ子コンサート2018 歌がくれた出会い」という番組。彼女の35周年記念のコンサートの模様と、彼女が歌う楽曲を作った松任谷由美・竹内まりや・中島みゆき・井上陽水・大滝詠一たちのインタビュー等も紹介してあって、ニコニコしながら素敵感にあふれて見た次第。
私、昔むかしその昔、彼女が主演した映画「セーラー服と機関銃」を見た時、セーラー服を着たとびっきり可愛い彼女が
「カ・イ・カ・ン!!!」と叫んで、機関銃をブッ放すシーンを見た瞬間、彼女のファンになってしまったのである。
そして、この機関銃をブッ放すシーンが何故か心に刻み込まれ、以来、私は撃って撃って撃ちまくる「ドンパチ映画」の大ファンになってしまったのである。
撃って撃って撃ちまくる「ドンパチ映画」というのは、我がヒーローが、撃って撃って撃ちまくり敵も撃って撃って撃ちまくるけれど、何故か我がヒーローには弾は当たらず、敵だけがバッタバッタと倒れて、まずはメデタシ・メデタシという「すかっと爽やか」な映画のことである。
「どうして、そんなアホな映画をみるの?」と、尋ねられるけれど、これってみんな薬師丸ひろ子の映画のせいである。だけど、私は、彼女の大大ファンだから、何と言われようとも、アッケラカンとしている。
彼女の歌の中で好きなのは、むろん「セーラー服と機関銃」の主題歌で、来生たかおの作曲した「夢の途中」。この歌の最初のフレーズ

さよならは別れの 言葉じゃなくて
再び逢うまでの 遠い約束

から始まり、最後のフレーズ

スーツケースいっぱいに つめこんだ
希望という名の 重い荷物を
君は軽々と きっと持ち上げて
笑顔見せるだろう

まで、全部大好き!!!です。
昔むかしその昔から、ズズズイーート時間がたって、映画やTVドラマに出てくるた彼女を見ると、すっかりおばさん化しているように見えたけれど、先月見たTVの映像は、昔むかしその昔のきらめきをまとって登場、ホント素敵でした。おばさん化は、映画の中だけだったのデス。

Perfumeの出演した番組は「Perfume×TECHOLGY presents〝Reframe〟」
これはNHKホ-ルで行ったスペシャルライブの模様を紹介した番組である。
すっかり年寄りの私が「Perfumeが好きなんてオカシイ」と思われるかもしれないけれど・・・ウン、その通りで、CDを買う訳でもないけれど、何故かファンなのである。
と、言うのは 私、「紅白歌合戦」を毎年懲りなくしっつこく見ているのだけれど、ウン年前にPerfumeが出演。女性3人のユニットで踊りながら歌うのだけれど、それがスゴかったのデス。
演奏も歌声もコンピューターを通しているみたいで、踊りもそれに合わせてロボット風の動き。それにステージのバックに映し出されるコンピュータで操作された摩訶不思議でお洒落な映像が素敵いっぱい。私、ポカーンとして歌より映像を惚れ惚れしながら見た次第である。
先月NHKTVで放映された番組は「テクノロジーを生かしてPerfumeの可能性をReframe(再構築)するというライブ公演」・・・てなことを言われても、すっかり年寄りの私、「?」でしょ。だけど、最先端のコンピューターを駆使した映像を駆使したライブは、スゴーーーイの一言。これぞ、Perfumeの集大成ともいうべきライブだったのです。
私、SFも大好きだけれど、まさにSF風のライブみたいで、近未来のライブを先取りしてるって気がした次第である。

薬師丸ひろ子の世界とPerfumeの世界は真逆みたいだけれど、それだけに違う魅力を発信していて、共にますます好きになりそう・・・。