大安とゴジラの尻尾と吉永小百合さん

今年は、暖かくてほんのりとしたお正月で幕開け!!

私、今年82歳。でも明るい日差しをあびると、後期高齢者を卒業し末期高齢者となっている私でさえも、なんだか心も弾んでいいことありそうな気がします。

ウン、そうなんです。皆さんから言えば、どうでもいいことかもしれませんが、私にとっては、すこぶる嬉しいことが3つもありました。

 

毎年、お正月には三社参りに行くことにして、必ず三社ともお神籤を引くことにしています。

大安が出たら、当然ながらあとはお神籤は引きません。残念ながら遺憾にして三社とも大安が出なかったら、大安が出るまでほかの神社にお参りに行きたいところですが、神様から顰蹙をかいそうですから、シブシブ大安なしで諦めることにしています。

と、云うことで、ズズズーイと残念ながら遺憾にして大安にエンがなかったのに、なんと今年は二社目で大安をゲット!!! 凄いでしょ。やることなすことすべて良し、だって・・・。ウン、そうだ。宝くじを買って7億円の宝くじに当たることにしましょう。

 

我が街、北九州市には、2つのスクリーンを持つ昭和館というミニシアターがあって、なんと今年創立80周年。洋画や邦画を問わず、名画やちょっぴり時期がづれるけれど話題作を2本立てで上映して、なんと入場料、年齢関係なく1,100円。2本立てだから食べ物やお菓子は持ち込み自由という、外観も中身も昭和という雰囲気あふれる映画館です。

今年は、創立80周年とあって、上映する映画にちなんで監督や俳優を招き、舞台挨拶やトークなどのいろいろなイベントが催されています。それで、先月「シン・ゴジラ」の樋口監督を迎えて「シネマカフェ」を開催、「ゴジラ・キング・オブ・モンスター」を上映した後、樋口監督のトーク、次に「シン・ゴジラ」を上映というイベントが発表されました。

私、もともとドンパチ映画・・・我がヒーローが、ドンドンパチパチむやみやたらに弾を撃ちまくり、敵もドンドンパチパチむやみやたらにを撃ちまくるけれど、我がヒーローには、弾は何故か当たらず、敵には当たってバッタバッタと倒れる映画・・・が大好きで、邦画は見ないことになっています。だけど、物事には例外というものがあって、そう、吉永小百合とゴジラ映画は、昔むかしその昔のそのまた昔から映画館で見ることになっています。

そのゴジラ映画の監督さんが九州の片田舎に来るって、スゲー&スゲーという訳で、いそいそと見に行きました。

スクーリンに映像を映しながらの樋口監督のトークは抜群、面白かったです。怪獣映画のはしりは、今から56年前の1964年に上映された本多猪四郎監督「宇宙大怪獣ドゴラ」。この映画に若き日の樋口監督はスタッフとしてかかわったとのことで、当時の撮影所の映像など共に、特捜などなかった当時の撮影のエピソードなど紹介されました。

ドゴラはゴジラと似ても似つかぬ怪獣で、足が何本もあってそれが一見クラゲ風。そしてこの映画の舞台はなんと北九州市。ドゴラのクニャクニャ足に破壊される「東洋一の吊り橋」若戸大橋などの映像が映し出されてビックリ。わが街北九州が、怪獣映画発端の街だとは、ゴジラ大ファンの私にとって、最大の嬉しさいっぱいです。

樋口監督は、それ以来怪獣映画からゴジラまでかかわってきたそうで、いろいろなエピソードを映像と共に縦横無尽にお話がはずみ「最後に質問をどうぞと」ということになりました。そこで子供の声で質問あり、

「シン・ゴジラのラストシーンにゴジラの尻尾の先が映し出されましたが、どういう意味?」と。

この意味しんのシーンは、ゴジラファンの間で「あれって、なに?」と、かしましく論じられたシーンです。この答えが聞けると、固唾をのんだら、樋口監督曰く

「あれは、見ての通りの映像です」と、うまくはずかされてしまいました。

あれって、続編につながるシーンだと思っているけれど、「次回作は?」という質問に対して

「私が、若い時にゴジラをやりたいと思ったように、もう、年をとった私ではなく、若い監督さんがやってくれるでしょう」との答えでした。

上映された映画は2本とも見たけれど、私、「シン・ゴジラ」は映画館で2度見て、テレビで放映された時も見てるんですね。今度で性懲りもなく4度目。

ウーン、ゴジラの格好って何度見ても素敵ですね。ホレボレ・・・。

 

3つめの嬉しかったことは、吉永小百合さんのカレンダーが自筆のメッセージを添えて送られてきたこと。これって最高に滅茶苦茶に凄く幸せ・・・・

どうして、私なんかの所にカレンダーが送られてきたかというと、それは、

「かくかくしかじか・・・」という理由なんですね。ホント、ウソみたいな本当の話。

1月のカレンダーは、着物姿の微笑みを浮かべた小百合さん。

早く来ないかな、来月!!! あらたな小百合さんと会えるんですから・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。