スッゴイ出来事

私の好きな歌手は、何度も書いているけれど、女性は中島みゆきに男性は井上陽水。次に好きなのは、女性では平原綾香に松任谷由美に高橋真梨子に竹内まりやに薬師丸ひろ子に渡辺美里に岡村孝子にいきものがたりの吉岡聖恵に小泉ひろ子にPerfuumeに・・・以下、エンエンと続くが紙面の都合により略。

そして、男性はさだまさしに、それから、エート・・・以下略。ウーン、これは私が女性が大好きという訳ではなく、単に、男性の歌手の好きな歌がないということであって誤解してもらったら困る。

6月のNHKBの「SONGS」と「The Covers」に、なんと私の大好きな高橋真梨子に薬師丸ひろ子に井上陽水にさだまさしと4人も出演。

特に薬師丸ひろ子は198年に上された映画「セーラー服と機関銃」で、セーラー服の彼女が「カ・イ・カ・ン」と叫びながら機関銃をブッ放すシーンに、私、いたく感動。以来、私が見に行く映画は、弾がガンガン飛びかい、敵はバタナタ倒れるけれど、我がヒーローには、何故か弾が当たらないとう「ドンパチ映画」だけになってしまった。

だけど、女性に「ドンパチ映画大好き」と言うと、何故か軽蔑の眼差。「一緒に見に行かない?」と誘っても誰も「ウン」と言わない。女性は、ドンパチ弾が飛び交うシーンをみて「カ・イ・カ・ン」と思わないらしい。ホント、不思議。

この日のテレビで、彼女は「夢で逢えたら」や「Women」など、モチ大好きな楽曲を歌ってくれたけれど、最後に歌ったのは、昨年リリースした井上陽水の作詞作曲による「めぐり逢い」

この楽曲は、忘れられない大人の恋のバラード。私、とっくに大人を卒業してすっかりお年寄りになったけれど、ウーン、大人に戻りたい。

井上陽水は、気難しい顔をしているけれど「The Covers」に出演してのリリー・フランキーとの爆笑トークは、アハハウフフと笑っぱなし。私は、彼のトボケタ話しぶりが大好き。演奏はサルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」。これってお門違いの演奏と思うでしょ。ところが意外に意外、なんとピッタリ!!! 陽水の新たな局面を聞かされて、久しぶりに陽水を堪能しました。

髙橋真理子は「SONGS」の最多出演者だって・・・。と、言うことはファンが多いということなんですね。ウン、納得。番組ではペトロ&カプリシャス時代の「ジョニーの伝言」なども含めてヒットした楽曲を歌ったけれど、私が一番好きなのは「for you・・・」

そのフレーズ「あなたが欲しい あなたが欲しい もっと奪って 心を・・。」。この台詞を、誰か私に云ってくれないかなァなんて、思っている訳ではありません。以上、念のために。

私、毎月末に放映される「今夜も生でさだまさし」のファンで、この日の「SONGS」の番組名も「今夜は生でないけどさだまさし」大泉洋とのトークは、むろん抱腹絶倒。おかしい!!! この日、ジャズピアニスト小曾根真と「防人の詩」を、クラシックギター荘村清志と「風に立つライオン」をコラボ。演奏が違うだけで、新らたなさだまさしの歌を聴きことが出来ました。

6月は、NHKBSで4人も私の好きな歌手を放映してくれるという、スッゴイ出来事がありました。この番組のプロデーサー、あなたはエライ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。