うれしくて・・・フフフ

もう、街は冬の装いをまとって、あっというまにクリスマス。そしてお正月。

時は駆け足で通りぬけ、いいかげん年寄りの私は、人生のエンドマークに向かってラストランをしているようなものだけれど、まあ、7億円宝くじなど夢みるのではなく、小さな幸せを見つけて過ごしていけたら・・・と思うばかりです。

と、いう訳で素敵体験を・・・。エート、小さな幸せでなく大きな幸せをご披露します。

天皇皇后両陛下が、10月27日から30日にかけて「第37回全国豊かな海づくり大会福岡大会」のために、わが街北九州市に27年ぶりにおみえになり3日も泊まられたのである。

10月29日午後3時すぎに友人の病気見舞いに行く途中、ゾロゾロと大勢の人に出会った。病院の近くに我が街が誇るサッカー場「ミクニワールド」があるので、どうもそこに行くみたいである。

わが街にはサッカーチーム「ギラヴァンツ北九州」があるけれど、目下、なんと「J3」。数年前「J2」の頃、「J1」に昇格するチャンスがあったけれど、サッカー場が規定に満たないということでトホホ・・と、泣きの涙になったことがある。

そこで、ファンの声にこたえて我が北九州市が大奮発。「エイヤ!」とばかり、「J1」に対応するサッカー場を作ったものの、途端に昨年「J3」に転落しトトトホとまたもや泣きの涙。

かくして今年こそはと、自称大奮闘をしたけれど、夢むなしく「J2」への昇格ダメとなりまたもやトホホホ・・・と泣きの涙。ホント、もう泣きの涙もチョチョ切れる始末である。

病気見舞いを終えて帰ろうとしたら、依然としてゾロゾロの行列。「ン?」と思って、交通整理をしていたお巡りさんに聞くと、「ミクニワールド」で「天皇皇后陛下提灯奉迎」が行われるという。

「天皇皇后陛下提灯奉迎」があることは、先刻ご承知だったけれど、私、賞味期限の80歳寸前でしょ。それが「今日だったとは・・・」とは、アホまるだし。

私の友人の女性が、両陛下のお泊りになるホテルの玄関の前で皇后陛下の動画を撮ったとのことである。お会いした途端、涙が出てたまらず、帰って動画を見たらまた涙が出てきたとの話である。低い姿勢で会釈しながら歩かれていたそうだけれど、すごいオーラを感じて感動したとの話である。

そういう話を聞いていたので、それじゃ私も、という訳でゾロゾロに加わったものの「ハイ、それまで」と満員御礼。両陛下が来られる道路脇に「お迎えゾーン」を設けたのでそこに行けとのたまう。

決められた場所に行ったら、時すでに遅し。なんと3列目。私の前には帽子をかぶった人が立っている。視界不良。でも、これって、私の不覚のせいだから文句も言えない。

お巡りさんが「5分前にパトカーが通ります。3分前にも通ります。そうしたら、帽子を脱いでください」とのたまう。なんと嬉しいお言葉。3分前のパトカーが通ると、皆さん脱帽、ハゲの人もむろんハゲ丸出しとなる。私の背は高からず高からずだけれど、おかげで視界広まり道路丸見え。

陛下の乗用車が、速度を落としてスーッと通り抜ける。ほんの一瞬の一瞬だけれど、陛下のお顔をしっかり見ることが出来た。カメラを持っていなかったのは残念だけれど、心のアルバムにしっかりとはることができました。なんというシ・ア・ワ・セ!!!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。