楽しく歌って

2021年に東京オリンピック競技大会組織委員会会長の森さんが失言を振りまき「老害」とたたかれ辞めることになってしまった。

私、合唱団「北九州をうたう会」で、エンエン20年間も歌ってきて、あげくの果てに「代表幹事」になってしまったものの、森会長と同じく名前も一緒、年齢も一緒。
テレビや新聞で「森辞めろ&森辞めろ」と叩かれているのを見ていると、他人事とは思えなくなってしまった。

どうやら「老害」というものは、自分では「老害」なんて思ってなくても、周りには「老害」をまき散らしていることになるらしい。それで、森オリンピック委員会長と同じように、私、面と向かって「辞めろ」と云われる前に、「代表幹事」を辞めることにした次第である。

北九州市には、わがニッポン国にある合唱団の中でも、最高に入団資格が厳しいといわれる合唱団がある。いくら上手に歌えると云っても入団できる訳ではない。その厳しい入団資格というのは「80歳未満はお断り」・・・そう、そして合唱団の名前は、

「80歳からの合唱団」

私、昨年83歳。幸いにもこの厳しい入団資格をクリアー出来るということもあって、さっそく入団したが、会員の最高齢は94歳。なにしろ、80歳は若手ということになっているから、私、83歳にして中堅のバリバリである。「ジジイ」なんて言っては困る。

この合唱団は2018年に設立され、第1回の演奏会を開いたもののコロナのため、練習も演奏会も中止せざるをえなくなっていたが、ようやく11月17日に第2回演奏会を戸畑市民会館で開催することになった。

無論、私も出演し「故郷」や「雪」などの童謡唱歌や「上を向いて歩こう」や「幸せなら手をたたこう」など12曲を歌い、すこぶるいい気分。
童謡「七つの子」を「カラスなぜ泣くの カラスの勝手でしょ・・・」と歌いたいと思ったが、「カラスなぜ泣くの カラスは山に・・・」とちゃんと歌うことになった。真面目な合唱団である。

この合唱団は、一見「ジジババ合唱団」と誤解されるかもしれないが、とんでもない。合唱の指揮をされたのは、プロ中のプロである岩﨑洋一先生。東京藝術大学声楽科卒業、北九州市少年少女合唱団で38年間指揮をとられ、全日本合唱連盟ジュニア・コーラス・フェスティバル全国大会では5回出場し「あおぞら賞」を受賞。現在北九州音楽協会理事長・福岡県合唱連盟顧問でもある。

ピアノ伴奏は、ピアニストの古賀千恵さん。北九州市出身で桐朋封学園大学卒。ドイツ国立ミュンヘン音楽大学院修了。ヨーロッパで1994年からルーマニア国立放送交響楽団等と共演、多くのリサイタルを行って2000年帰国した。

演奏会の指揮も演奏もプロ中のプロ。かくして、合唱団もシロウト中のシロウト・・・ではなくて、80歳以上にしては上出来の上出来と自画自賛している。

メンバーには80歳以上という自覚に欠ける人が多いが、建前は80歳以上となっているから「お年寄りをいたわりましょう」の精神で、岩﨑先生の指導はとってもやさしい。
先生が「このように歌いなさい」と言っても、みなさん「ハイハイ」と答えるだけで、次の練習の時には、ケロッと忘れるようになっている。だから、岩﨑先生、ムダな指導はやらず、
「ハイ、良くできました」とニコニコ。上手に歌えたかどうかなど、心配しなくてもよろしい。ストレスなしで、楽しさいっぱいの合唱団である。

そして、この歳で「老害」ならぬ「老音」をまき散らす「場」があるとは、わが街北九州市は素敵な街である。

 ※ 北九州をうたう会ーーー1978年、市制15周年を記念して、日本を代表する作曲家 團伊玖磨と本市に縁の深い栗原一登の作詞により作られた合唱組曲「北九州」。300人を超える市民合唱で雄大に歌い上げられる“ふるさと讃歌”は、ふるさとを愛する私たちの心に大きな感動を与えてくれます。
管弦楽は九州交響楽団、小倉祇園太鼓保存振興会 響會が勇壮な太鼓演奏で北九州の音の風物詩を演出します。

国家の領有権って

秋真っ盛り。
私、夏は暑いから大嫌い。冬も寒いから大嫌いと言いたいけれど、クリスマスやお正月があるから「マ、いいか」と言いたいが、ウーン、やっぱり冬はイヤ。
だから好きなのは春と秋だけれど、私、とっても年寄りだから、華やかな春より寂しげな秋が似合う。

そう、俵万智の短歌 のように

陰翳の 季節と思う 秋の靄 人の心と 街を包んで

なんですね。

そして、若い人ならば、春に恋して夏に燃え秋に恋を失なってと、村木道彦の短歌のように

失恋の<われ>をしばらく刑に処す アイスクリーム断ちという刑

と、いうこともあるでしょうけれど、でも、これって恋をした証拠だから、シアワセなんです。私、とっても年寄り。恋などしたくっても出来ないんですから・・・。
ウーン、失恋してみたい!!!

ところで、朝日新聞の10月24日の朝刊に、2面を使って全面広告が出ていました。

世界を敵にまわして,生き残ったヤツはいない.。

写真もイラストまなく、ただこの大きな文字だけ。右下の片隅に小さく「世界も試されている。宝島社」と掲載されていました。

宝島社って、ファッション系雑誌の出版社と思っていたけれど、こんな憤懣やるかたないメッセージも出すんですね。私の記憶では、今までに2回ほどこのようなメッセージ広告を朝日新聞に出しています。

1回目はコロナで日本中がジタバタしていた頃の朝日新聞の2021年5月11日の紙面。2頁いっぱいを使い、かっての戦争で動員された子供たちが竹やりを持って構えた薄いモノクロ写真をバックに、真赤な日の丸を模したウイルスが紙面の真ん中に描かれていました。

ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される。
私たちは騙されている。この一年は、いったい何だったのか。いつまで自粛すればいいのか。我慢大会は、もう終わりにして欲しい。ごちゃごちゃ言い訳するな。無理を強いるだけで、なにひとつ変わっていないではないか。今こそ、怒りの声をあげるべきだ。※1

そして2回目は、2021年9月22日の紙面です。

国民は、自宅で見殺しにされようとしている。今も、ひとりで亡くなっている人がいる。涙がでる。怒りと苦しみでいっぱいになる。この国はいつから、こんなことになってしまったのか。自分で守るしかないのか。※2

今回のメッセージ広告は、コロナではなくウクライナ侵略のことをいっているんですね。敵味方なく多くの兵士が殺されていく戦争。こんな無慈悲なことが許される訳がありません。

朝日新聞に鷲田精一さんの「折々のことば」というコラムが毎日掲載されています。11月12日のコラムには

戦争が起こるということは、個人の身体に対する国家の領有権が極限まで拡張するということだーーー李琴峰

と、ありました。そして

「大空と大地に抱かれて安らかに」死にいくこと。それが人に等しく与えられた権利のはずだと。

※1 「夢旅人」2021年5月15日号の「啖呵を切って」に関連記事を掲載。
※2 「夢旅人」2021年10月1日号の「命令一下、右向け右」に関連記事を掲載。
※ 村木道彦・・・1942年生まれ、歌人。1974年歌集「天啓」を刊行。
※ 鷲田精一・・・1949年生まれ、哲学者。大阪大学、京都市立芸術大学等の名誉教授を歴任。
※ 李 琴峰・・・1989年台湾生まれ、作家。日本在住で芥川賞を受賞。 

夢物語をどうぞ

先の大戦で、わがニッポン国は戦争を始めたものの、戦争を止める落としどころを見失い、コテンパにやられて、やっと戦争を止めることが出来たというみじめな歴史をもっています。

プーチン大統領は、親ロシア派の組織が占拠していたウクライナ東部で、ロシア系の住民をウクライナ軍の攻撃から守るという大義名分で、ウクライナに侵攻。なくなったはずの戦争がよみがえりました。

無論、プーチン大統領は、ニッポン国の敗戦のザマを知っているから、戦争を終わらせる潮時を考えているはずです。
きっと、賢明なはずのプーチン大統領のことだから、ウクライナ南部・東部4州をロシアに統合させたら、侵略の大義名分を果たせたことになるので、「これにてオシマイ」にすると思っていたら、知らん顔。

どうも、賢明でないプーチン大統領に変身したみたいです。

ところが、ウクライナ南部・東部4州を併合した翌日に、ロシア軍は合併したはずのドネツク州の要衛リマンから撤退したと報道。
私、とってもびっくり!!! 意気揚々と併合を発表したプーチン大統領の顔にドロをぬるようなものでしょ。

そこで、賢明でないプーチン大統領に代わって、賢明になった軍部は「もう、あなたについていけません」と言うんじゃないかと、はかない希望を抱いています。

だって、兵隊不足でかたっぱしから予備役という名目をつけて招集したり、武器弾薬も不足気味ということでしょ。これ以上、戦争をやったら、アメリカなどから最新鋭の武器を貰っているウクライナに対し、貧乏クジを引くのはロシアだと分かっているはずですから・・・。

ウーン、でも、これって夢物語なんでしょうね。

だって、ロシアは終戦当時、千島列島を取って北海道も取るつもりだったと思っていた国ですから、国盗りならば初志貫徹・猪突猛進。かってのニッポン国みたい・・・トコトンやるかもしれません。

どうか、夢物語が実現しますように・・・。

ところで、谷川俊太郎さんが作った「平和」という詩があります。ウクライナと違って、わがニッポン国では当たり前となっている平和。大切にしましょうね。    

平 和     谷川俊太郎
   
それは空気のように あたりまえなものだ
それを願う必要はない ただそれを呼吸していればいい

平和
それは今日のように 退屈なものだ
それを歌う必要はない ただそれに耐えればいい

平和
それは散文のように 素っ気ないものだ
それを祈ることはできない 祈るべき神がいないから

平和
それは花ではなく 花を育てる土
平和
それは歌ではなく 生きた唇

平和
それは旗ではなく 汚れた下着
平和
それは絵ではなく 古い額縁

平和を踏んずけ 平和を使いこなし
手に入れねばならない希望がある
平和と戦い 平和にうち勝って
手に入れねばならなぬ喜びがある

嗚呼、国葬

お葬式なるものは、大小にかかわらず、数多く見てきたけれど、国葬を見るなんて、賞味期限寸前・・・ではなくて、使用期限寸前の私にとって、最初で最後のチャンス。だから胸を弾ませて・・・エート、訂正、お悔やみの心を込めてテレビを見た次第です。ホントです。ハイ。

式典で、大型モニターに8分にわたり流された安倍元総理を讃える映像や、岸田総理のアレコレ良いこと尽くしの弔辞に加え、友人代表としての菅前総理の声を震わせながらの追悼の辞をテレビで見ていると、
「安倍さんって、国葬にふさわしい他に類を見ない偉大な政治家だったんだ」と、思ってしまいました。ホントです。ハイ。

外国から来られた方々は、この3本立ての追悼演出を見て「国葬反対が半分以上いるなんて信じられない。ニッポン国民はアホじゃないか」・・・とまで考えなくても「偉大な政治家」と確信して帰ったに違いありません。

特に菅前総理は、ツンツクツンのツンツンで木で鼻をくくったような返事をする人というイメージがあるでしょ。それが心を込めた言葉で、トツトツと話すものですから・・・ウーン、とっても気持ちが揺すぶられて・・・驚天動地!!!

これが、真の菅前総理の姿なら、自身のことを「ガースーです」と紹介された通り、親しみを込めて菅前総理のことを「ガースー」と呼び「原稿タダ読みの菅総理」なんて呼ばなかったに違いありません。

特に、山県有朋が伊藤博文に先立たれ、故人を偲んで詠んだ歌
「かたりあひて 尽しゝ人は 先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ」を紹介して、
「深い哀しみと、寂しさを覚えます」と話したときは、胸キュンでした。ホントです。ハイ。

大体、エライ人の演説はスピーチライターが原稿を書き、エライ人はそれを読むだけという仕組みになっているみたいです。
それで、菅前総理の追悼の辞も、きっと誰かが書いたのだろう・・・なんて、あらぬ疑いをもってはいけません。

国民の大半が国葬反対と言ってるのに、聞く耳を持っているはずの岸田総理がこれを強行。チョンボしたものだから、早くも次期総理は菅さんという声が起きているそうです。

「追悼の辞は本人が書いたもの」だし、「原稿タダ読みの菅総理」なども返上して、きっと、心のこもった政治をやるに違いありません。大いに期待しましょうね。ホントです。ハイ。

エリザベス女王の国葬と安倍元総理の国葬は、違っていて当たり前ですが、イギリスの国葬の荘厳さに目を見張りました。
日本の国葬は、イギリスより多額のお金をかけていますので、日本らしさを感じさせる古式豊かな国葬になると思っていたのですが、儀仗隊の出番を除くと単に「大きなお葬式」にとどまり、特別な演出はありませんでした。
はるばる来日した外国の方たちに「さすが日本の国葬は違う」と、思わせたかったのに残念です。

イギリスでは、弔問に訪れる市民のために、仮説トイレを設置しボランティアも飲み物など用意していました。そして参列した皆さんも整然と何時間も並んでいるのに、わが国は、献花する人たちの並び方さえその場しのぎで、最終列がどこか分からないというお粗末な対応になっていました。

どうも、わが国ではエライ人が来る式典にだけ気を取られ、式典の外にいる「安倍元総理を心から悼む人たち」にも心を配らなければいけないのに、ほったらかしにしてしまったようです。聞く耳をもつだけでなく、シモジモにも気配りを忘れないで下さいね。

ここで、アメリカのミステリー作家 ラりー・バインバートの「最後に笑うものは誰だ」の一節をどうぞ。.

(父のことを葬儀で褒めたたえるので)
「・・・なぜ、飲んだくれだったと言わないのだろう。そう言ってくれれば、少なくとも父のことを言ったことになるのに、わたしたちがこれから埋葬する人が誰かがはっきり自覚できるのに、と思ったわ。ときどき母を打った、となぜ言わないのだろう。おおむね善人だったというのはいい。でも、一生を通じて来る日も来る日も善人だった、瞬時たりとも悪人ではなかった、とは到底いえない人だったわ。

祈り~藤原信也写真展


北九州市立文学館から「祈り~藤原信也写真展」の案内の「ちらし」が送られてきました。
そのチラシの写真を見て「ギョッ!!」・・・ウーン、これってむかし昔の言葉だから、若い人は分からないだろうけれど、訳せば「ドッキリ!!」を超大袈裟風に表現した言葉です。

荒涼とした心が冷えるようなこの写真を撮ったのは、写真家で作家でもあり書家でもある藤原信也。
私、街で見かけるささやかな写真展には、よく足を運ぶけれど、美術館で開催されるような大掛かりな写真展には行ったことがありません。

NHKTVで日曜日の朝「日曜美術館」が放映されるので、遅寝遅起きの私は目覚まし時計を8時40分にセットして、かかさず見ることにしていますが、時々、内外の写真家の展覧会が放映される時があります。私の写真家の認識レベルはその程度。恥ずかしながら、藤原信也さんなる人は未知の人。

展覧会の「ちらし」によると、
藤原信也は北九州市門司区で1994年生まれ。東京芸大在学中にアジヤ各地を漂流し1972年写真とエッセイによる「インド放流」を発表。木村伊兵衛写真賞、毎日芸術賞を受賞。1983年に発表した「東京漂流」はベストセラーとなり、同年に発行された「メメント・モリ」は若者たちのバイブルとなったそうです。

「祈り・藤原信也展特別講演会」が、9月10日に北九州市立芸術劇場小ホールで開かれるとの案内が「ちらし」に掲載されていました。
あんな写真を撮る藤原信也さんで「どんな人?」と思い、定員はたったの100名で抽選と書いてあったが、ダメモトで申し込んだ申し込んだところ、何と当選。

講演会では、最初に北九州市立文学館 館長の今川英子先生の挨拶があり、東京や四国に鹿児島から入場券の申し込みがあったとのことでびっくり。藤原信也さんの大規模な写真展は初めてということで、注目を浴びているみたいです。
藤原信也さんは知る人ぞ知る著名人と知って、講演会の入場券はプラチナ・チケットだったに違いありません。

藤原信也さんは、いつも相手の顔を見ながら話しているので、大勢の人の前で話すのは苦手。講演会で話したのは10年前位だとのこと。
だから原稿なしで思っていることを話すだけという前置きから始まりましたが、とってもお上手。とつとつと話されて、14時から15時の予定が終わったのは15時40分。

多くの人から「回顧展」をという話が前からあり「回顧展」なんて亡くなってから開催するものと思って断っていたが、50年も撮りつづけているので、開催することに同意したそうです。

でも、50年にわたって録った何十万枚の写真から、展覧会に出す写真を選んでいったら、大変な作業とわかり、断わることも出来ず弱っていた時、ふっと浮かんだのが「祈り」。
そうなると、写真を選びやすくなって今日の展覧会にこぎつけることが出来たとのことです。

藤原信也さんは、インドを初めアジヤ各地を旅行し、アメリカでも漂流して、その時々の話をされましたが、摩訶不思議な世界の話を聞いたような気がしました。
それから、写真展で発表している写真をスクリーンに映しながらお話がありました。

写真を撮るということは、単に「物」や「人」を写すということではなくて、対象物に「密着すること」と話されたのが心に残りました。対象とするものの内面というか、そこにある秘めたものを映すという心を持たねば、人の心を動かす写真は出来ないと話されました。

ウーン、全てに通じるお話だと、感銘を受けた次第です。

STAP細胞の疑惑で騒がれた小保方晴子が、つるし上げに近い3時間にわたる記者会見の最後に見せた涙の顔。それをアップした写真がありました。
藤原信也さんは、3時間にわたる記者会見の間、彼女の顔だけを見続けて「彼女は嘘はついていないよ」と、その場にいた記者に話したそうです。
私も、その写真を見て胸を打たれる思い・・・写真の伝える力って凄いんですね。

山口百恵の写真もありました。その写真を見て「これが百恵?」と思ったくらい。彼女が引退した直後に撮った素顔の写真です。心細いといったような、それでいてほっとしたような笑みを浮かべた微妙な素顔は、今までの歌手としての装いを脱ぎ取り、とっても深みのある素敵な写真になっていました。
山口百恵に、この写真を渡したら「私の一番大事な写真にします」と彼女が言ったそうです。

「ちらし」に掲載したのは、東北の下北半島にある「霊場恐山」」とのこと。霞がかかった中で太陽は上がる絶妙の瞬間を取った写真とのことですが「霊場恐山」のイメージにピッタリ。
「恐山菩提寺」の住職に見せたら、「こんな場所があったんですか」と驚かれたそうです。

講演会が終わって「藤原信也さんのサインを貰いたい人は、席に座ったままで順番が来るまで待機して下さい」のアナウンスがありまいた。
私、今まで文学館で開催された作家の講演会があった時は、必ずその場で売られている作家の本を買ってサインを貰っていましたので、買いに行こうと会場を見回したら、ほとんどの人が座ったまま。その時アナウンスあり、
「サインを希望する人が大勢おられますので、サインをもらう順番の遅い方は、いったん会場を出られても結構です」だって・・・。

私、ヤボ用があったので、サインは諦めたけれど、藤原信也さんって凄い人なんだと改めて納得。

展覧会場は、総合商業施設リバーウオークの中にある「北九州市立美術館分館」と「北九州市立文学館」。

会場には大筆で書かれた「祈り」などのいろいろな書が壁に飾られ、美しい風景とか女性の写真はあまりなくて残念、なんてことは・・・思いませんでした。ホントです。
見たことのないような風景の写真が多く、”ニンゲンは犬に食われるほど自由だ”というタイトルのついた写真などには圧倒されました。

心を打たれたのは、瀬戸内寂聴さんのコーナーと香港の雨傘運動のコーナー。

瀬戸内寂聴さんのコーナーには、藤原信也と瀬戸内寂聴さんが長い付き合いのなかで交わされた往復書簡が展示されて、寂聴さんが最後の病に倒れた時、藤原信也さんが寂聴さんに筆で書いた手紙も披露されていました。その文末の文章を紹介います。

心忘れ 心折れ 打ちひしがれ うろたえ 奈落の底に落ち 夢失い それでも 生き 生き 生きている

香港の雨傘運動のコーナーでは、金融街の街路いっぱいに張られたテントと雨傘に目を見張りました。そして凄いのは壁に張られていた1000枚に及ぶポスト・イット。何と書かれてあるのか分かりませんが、すごいエネルギーを感じると共に、運動を展開していたあの若い人たちはどこに行ったんだろうと、心が痛みます。

圧巻は、会場の出口近くに展示されていた縦1m横4mに及ぶ「沖ノ島」の生い茂った樹木をアップで撮った写真。
世界遺産「沖ノ島」は、島全体が宗像大社沖津宮の御神体となっており、「神宿る島」と呼ばれて島への立ち入りが禁じられていますが、30分だけの入島を特別に認められて録った写真だそうです。「凄い」の一言。

講話を聞き、展覧会に行き、ウン、素晴らしい経験をさせてもらいました。