大吉を遠慮して・・・

わが街北九州市のお正月、お空は晴ればれ!!! 気分も晴ればれ!!! ウン、素敵なお正月となりました。
私、昔むかし人間だから、お正月の三ケ日は着物で過ごす決まりになっているし、三社参りをしてお神籤を引くことになっているので・・・エーット、大安のお神籤を引くために三社参りをする訳ではありません。ハイ、・・・馴染みの由緒ある篠崎神社と妙見神社に蒲生神社に行ってきました。

新型コロナ下とあって、各神社の初詣は様変わり。手洗い場が封鎖してあったり、水は流れていても柄杓が置いてなかったり、手をかざせば自動的に水が出る仕掛けになっていたり、神前の銀鈴が取り外されていたり、お賽銭箱が小さいので2列に並んで参拝せざるを得なかったり、ウーン、各神社の創意工夫がしのばれてすっごくビックリ。

注目のお神籤は、まず末吉、次は小吉、その次は中吉と順調にお神籤の出世街道を突き進んできたので、つぎは大吉に間違いないと確信したけれど、4社も廻ると、なんだか神様から叱られそうな気がしたので、泣くなく大吉への道を断念することにしました。ホント、残念無念口惜しや、デス。

わが家は,紅白歌合戦を見る決まりになっているので・・・ウン、うちのかみさんは毎年「イイ年をして紅白なんて見ないで第九を見たら」と、のたまうのが常だけれど、ここは、なけなしの親父の威厳を発揮して紅白を初めから終わりまでズズズーイと見ることにしています。

今年の紅白の贔屓の歌手は、「Perfume」と「薬師丸ひろ子」と「さだまさし」の3名だけ。

「Perfume」が14年前に紅白初出演した時、3人の歌に合わせて流れる摩訶不思議な映像にアッ気にとられ、以来「Perfume」のファンになってしまいました。14年連続して出演しているけれど、バックに流れるコンピューターに制御された斬新な映像は、毎年長足の進歩を遂げ、これを見るのが楽しみだったんです。

ところが、今年の紅白は東京国際フォーラムとあって、あの素敵な映像は無理とガッカリしていたところが、なんとNHKスタジオからの生中継。
瞬時に変化するお洒落で華麗な映像にピッタリ合わせて「ポリゴンウエイブ」を歌いながら完璧に踊る3人に惚れ惚れ!!!スッゴイの一言です。

云うまでもなく、東京フィルをバックにして歌った薬師丸ひろ子の「Woman」は圧巻でした。彼女、デビュー当時の雰囲気そのままって感じでしょ。不思議!!! 清廉な声にいつも聞きほれています。エート、素敵な顔もです。

私、毎月月末の0時から放映される「今夜も生でさだまさし」をビデオでなく生で見ていますので、紅白が終わって「ゆく年くる年」を年忘れのソバを食べながら見たあと、恒例の「新春生放送!年の初めはさだまさし」をヅヅヅーと2時30分まで見て、アハハアハハと初笑いしてすこぶるハッピー気分で寝ることが出来ました。

さだまさしが、単に寄せられたハガキを読むだけなのに、どうしてアハハアハハとなるのか訳が分かりません。

それで思い出したのだけど、昔むかしその昔、そう45年位前だったと思うけれど、わが家のお風呂の端末にラジオが付いていて、ある時、お風呂に入ってニポン放送の「オールナイトニッポン?」を聞いていたんです。
パーソナリティーがハガキを読み、音楽を流す番組だったけれど、ガハハと笑いながらの語り口がすごく面白くって、こちとらもワハハと笑いっぱなし。そのパーソナリティーが、なんと中島みゆき!!!

みゆきの歌う声とはまったく違うガラッパチな語り口と笑い声に、ホント、ア然となったのだけれど・・・ハガキを読むだけでワハハと笑いを呼ぶさだまさしと中島みゆきは天才に違いありません。

なんのために・・・

今日は1月1日、お正月。私にとって、なんと84度目のお正月ですから、いささか新鮮味に欠けますが、まあ、とにもかくにも

  明けましておめでとうございます

そして、我ながら信じられないんですが
 ハガキ持ち ポストの前を 通り過ぎ   ※1
という哀れな存在になり果てて・・・これってホントです。それも1度ならず2度、3度・・・。
でも
 物忘れ 探せるうちは まだハッピー  ※2
と、気を取り直し、私的には健気に生きているつもりです。

私、寅年で獅子座の生まれ。凄いでしょ。今年は我が人生最後の年男となりました。そして、凄いことには、今年の虎は36年に一度の寅年で、最強の虎!!!ということなんです。
それに加えて獅子座ですから、怖いものなしと云いたいところですが、これは昭和25年、37年生まれの寅年の方にお任せして、私、なんたって84歳。
 ふんわりと 生きるのが好き 朝湯かな  ※3
の気分で、今、有る時を大切にして心に虹をかけ、ささやかに生きていきたいと思っています。

わがニッポン国といえば、今まで、政治家の中でも一番エライ政治家の
 何一つ答えず 答えたふりをする 答弁という名の詭弁見つ  ※4
にイラーッとさせられてきましたが、聞く耳をもつ新総理の出現で「今年は前よりマシ」になるかもしれません。
そして、我々下々の庶民の声も聴いてくれるに違いありません。・・・エ、何? そんなこと信じているの? フーン、口当たりの良いことを話すのが政治家なんだって・・・。

1979年にNHKTVで放映されたアニメ「アンパンマン」の主題歌を、聞いたことがありますか?
この歌の背景についいて、巷ではいろいろ云われていましたが、このアニメソンングの歌詞を読むと、
「ウン、そうなんだ」と、思ってしまいます。
そして、新総理に、このアニメソングに歌われているような「アンパンマン」になってもらいたいのだけれど・・・。

アンパンマンのマーチ(抜粋)  作詞 やなせたかし 作曲 三木たかし

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!

今を生きることで
熱いこころ 燃える
だから 君は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ

生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

このプログ「夢旅人」の「ご挨拶」の頁の末尾に、私の今年の年賀状を付けておりますので、お読みください。

※ やなせ たかし  1919年〈大正8年〉~2013年3年〈平成25年〉。漫画家・絵本作家・詩人だが、編集者・舞台美術家・演出家・司会者・コピーライター・作詞家・シナリオライターなど様々な活動を行った。
※1 シルバー川柳より 鬼怒川勢子(70歳)
※2 シルバー川柳より 青木節代(94歳)
※3 シルバー川柳より 佐藤英雄(85歳)
※4 俵万智 詩集「未来のサイズ」より