ハッピイですか

    そしてあなたがわたしにさわると、とたんにわたしはカーニバルみたいに活気づき、あなたがそばにいないとショボンとして、死んじまったほうがいいみたいな気分になるの。
    それでもまだ、わたしが恋をしてるっていうのは間違いだといえて?

    早川書房「俺に恋した女スパイ」ロス・H・スペンサー/田中融ニ訳

    彼女は彼を愛していると言っていた。ときどき、彼の方も彼女を愛しているといると言った。そう言う時は本心から言った。とにかく、その一瞬は本心なのだった。

    早川書房「小さな土曜日」アーウィン・ショウ/小泉喜美子訳

    「でも、あなたが私の厄介のタネでなくてよかったわ」
    「厄介さ」言い訳するように言い返した。「大いなる葛藤なんだから」
    「葛藤のことなら、営業時間中に相談して。いまは時間外なの」
    「だったら、その下唇をかんでもいいな。その唇にはいつも何かを感じているんだ」
    彼女が顔を近づけ、噛みやすいようにしてくれた。これもイチゴ、ウイスキイソーダ、春の日といったキスになった。彼女の熟した胸が当たった。

    早川書房「ただでは乗れない」ラリー・バインハート/真崎義弘訳

    ・・・そのあとで虫がついた。大学で、アンはジュンという同級生と知り合って恋におち、そしてベッドにおちて、避妊の方法を講じることを忘れてしまったらしい。

    早川書房「ジュリコ街の女」コリン・デクスター/大場忠男訳

    「目を開けたら最初に見えたのは壁で、最初に感じたのは疲労と、このいやな事件に対するユーウッな気分だった。だが、そのあと、足を動かしたらきみにさわった。・・・するとおどろいたことに、急に安らかな楽観的な気分になったんだ。愛は一晩の熟睡よりも効果がある」

    早川書房「死者は惜しまない」ナンシー・ピカード/宇佐川晶子訳

    完璧なルーデルの左右の鼻の穴から、それぞれ煙の柱が吹き出し、わたしはそれを深く吸い込んだ。アメリカ煙草のにおいは好きだが、だから吸い込んだわけではない。彼女の胸から出てきた煙だったからだ。この胸にまつわるものは、なんであれ歓迎したい。

    新潮社「偽りの街」フィリップ・カー/東江一紀訳

    「もう寝た?」
    「いいえ。・・・でも今夜はもう充分運動したわ、風邪で熱まであるのに。今夜のところは思い出を枕に寝ることにしない?」

    文藝春秋「吾輩はカモじゃない」ステュアート・カミンスキー/田口俊樹訳
    Read more