荒船山~THE最高

 1997年10月22日、バスハイク。今日は目黒ハイキングクラブ(MHC)のメンバーだけではなくて、他の山岳会や一般の人も参加するという区民ハイクである。多くの美人との出会いに・・・ン? 訂正・・・多くの人との出会いに胸をときめかせて、集合場所の目黒駅に急ぐ。
 バスはマイクロで2台。我がMHCは一般参加の人たちと同じバスである。さっそく乗って見渡すといるいる前美人に元美人旧美人! それに、エーット、現美人も・・・ア、いたいた。ホントウである。取ってつけたように書いてあると誤解されては困る。真打を最後に登場させただけであって、決して他意ではない。 Read more

矢倉岳~ハラ泣くの巻

1996年12月の目黒ハイキングクラブ(MHC)ファミリー山行は箱根矢倉岳。バッチリと富士山が眺められるというので、富士山大好き人間の私としては、無論「行く! 行く! 」である。
それで、ルンルン気分でAm1時に寝たところ何故かしらねどおなかがグルグル鳴り出しトイレに駆け込んだ途端、ベートーベンの「運命」よろしくジャジャジャジャーンと、おなかの中のものが一挙に出てしまった。時、正にAm3時。
ところが「これって、何?」と思う間もなく、アンコールに応えてまたもやおなかグルグルのジャジャジャジャーンである。ベートーベンの「運命」を聴くのは大好きだけれど、お尻で演奏するのはあまり好ましいことではない。まして、アンコールだなんて、とんでもない話である。 Read more