魅力がいっぱい

『ハードボイルドに恋をして3』は「魅力がいっぱい」と「感じる?」の2編です。
「魅力がいっぱい」では、「眼」「鼻」「乳房」「服装」「化粧」「声」を
「感じる?」では、「好感」「予感」「反感」「冷淡」「孤独」に関する名言を集めました。お洒落な表現、ニヤリとする言葉、ウン納得と思わせる言葉に出会って頂ければ、こんな嬉しいことはありません。

ケアリー夫人は意外そうに大きな茶色の目を見開いた。きれいな目だ、とトレースは思った。もう少し若かったら、夢をみさせてくれただろう。

早川書房「二日酔いのバラード」ウォーレン・マーフィー/田村義進訳

エイミーは・・・大きなワイシャツの襟元を抑えて立ちながら、ぼくの目をじっと見た。ぼくのぼやけた脳味噌の中を無数の偏執的な幻想が通り過ぎた。彼女は挑むような目を向けてきた。ぼくはのぞき見したくなった。

早川書房「破産寸前の男」ピーター・バーセルミ/斎藤数衛訳

メリーアンはわたしのほうに向き直ると、大きな茶色い目のワット数をあげ、心の底から訴えるようにいった。

早川書房「バラは密かに香る」デイヴィット・M・ピアス/佐藤耕士訳

仄かな光の下で二人の目がからみあった。彼女の目の色が変わりつつあった。それは、ヴィンセントが記憶に留めたい目の色ではなかった。もっと好ましい色を彼はすでに胸の奥にしまってある。いまの目は真剣で悲しげですらある。こちらの身を案じているせいでろう。が、それは後日、思い出のページをめくるとき脳裏によみがえってほしい目の色ではなかった。

文芸春秋「グリッツ」エルモア・レナード/高見浩訳

さわさわと波うちぎわに吸いこまれていく泡のような、やさしい瞳をしていた。

福武書店「うたたか/サンクチュアリ/吉本ばなな

ポーラの目が、ジャックをむずとつかまえ、引きこもうとするような表情を帯びた。瞳は明るい灰色で、黄色い筋が放射状に入っている。それはジャックに春の黄昏時と、砒素を思わせた。

早川書房「ビッグ・タウン」ダグ・J・スワンソン/黒原敏行訳
Read more

感じる?

好 感

「・・・わたしがあなたを堕落させていると思ってるんだわ」
「その可能性はある」ぼくは言った。
「ぼくには自分の意志というものがないからね。簡単に惑わされちまうんだ」
「わたし、人間のそういうところがすごく好き」シェリーは言った。

二見書房「ピンク・ウォッカ・ブルース」ニール・バレット・ジュニア/飛田野裕子訳

人を好きななることは本当にかなしい。かなしさのあまり、その他のいろいろなかなしいことまで知ってしまう。果てがない。

福武書房「うたたか/サンクチュアリ」吉本ばなな

ぼくはキャンディを見やった。〝あなたを心配しているんだから知らんぷりをしないでちょうだい〟目線で、あいかわらずぼくを穴の開くほど見つめている。

早川書房「図書館の親子」ジェフ・アポット/佐藤耕士訳

23歳の彼はハンサムで物静かで、婚約者もまた、彼同様にチャーミングな〝ここにいるだけで幸せよ〟的女性だ。

早川書房「ロンリー・ファイター」バーラン・コーベン/中津悠訳

予 感

これに加えて、過去の災厄のかすかな思い出と今後の災厄のもっと正確な予感でいっぱいだった。

早川書房「素晴らしき犯罪」クレイグ・ライス/小泉喜美子訳

(私を尾けていた男を捕まえて)
「それで、今までのところどんなことがわかった?」と私は尋ねた。
「あんたはひとりで夜を過ごし、大酒を飲むということだけだ」
なんだか自分の墓銘碑を聞かされたような気がした。

早川書房「神なき街の聖歌」トマス・アドコック/田口俊樹訳

(ハーチャーが殺されたが)
日頃からイエス・キリストとフリーダイヤルで直接つながっているかのように振る舞っているくせに、自分の運命が危ないことを、前もって察知できなかったのだろうか。

早川書房「図書館の死体」ジェフ・アポット/佐藤耕士訳

~当然、こうしたエデンの園のような完全無欠ぶりは、土地っ子を落ち着かなくさせている。良いことには、必ず隠れた犠牲があるのが世の常で・・・。

早川書房「スタンド・アローン」ローラ・リップマン/吉沢康子訳
Read more