最後のニュース

昔むかしのそのまた昔のその昔「もうあといくつ寝るとお正月」と思った時代は、はるか遠くに去って、とっても年寄りになった今「お正月など来なくていいよと、残り時間が短くなるだけだから」と言いたくなります。だけど、

「今年1年、元気に生かして頂いて有難う」と言わなくちゃいけないんでしょうね。だけど、私、凡人。そうは問屋が下ろしません。元気なのは良いけれど、ああでもないけど、こうでもないという悩み多き1年を送っています。

令和のスタートの今年、世界もわがニッポン国も、楽しいことはチョッピリ、つらくてやるせない事が多かった気がするけれど、ダーイ好きな井上陽水の「最後のニュース」という曲を思い出してなりません。

この曲は29年前に、報道番組「筑紫哲也 NEWS23」のエンデングテーマーに作られた曲だけれど、29年後の今、聞いても通じる曲だと思っています。

と、いうことで「夢旅人」の今年最後の締めは、この「最後のニュース」です。

 

最後のニュース(抜粋) 井上陽水

 

暑い国の象や広い梅の鯨

滅びゆくかどうか誰が調べるの

原子力と水と石油達の為に

私達は何をしてあげられるの

 

薬漬けにされて治るあてをなくし

痩せた体合わせどんな恋をしているの

地球上のサンソ、チッソ、フロンガスは

森の花の園にどんな風を送っているの

 

今 あなたにGood-Night

今 あなたにGood-Bye

 

機関銃の弾を体中に巻いて

ケモノ達の中で誰に手紙を書いてるの

眠りかけた男達の夢の外で

目覚めかけた女達は何を夢見るの

 

親の愛を知らぬ子供達の夢を

声のしない歌を誰が聞いてくれるの

世界中の国の人と愛と金が

入り乱れていつか混ざりあえるの

 

今 あなたに Good-Night

今 あなたに Good-Bye

 

今年、この「夢旅人」を読んで頂き有難うございました。

あなたにとって、来年も・・・というか、来年こそ良い年でありますようにお祈りいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。