美しく心を寄せ合う政治の世界

今日は4月1日。本来はエプリルフール。朝からとんでもニュースが飛びかう日だけれど、今日は時代の節目を飾る特別日。TVは、朝から胸ドキの特番を組んで大騒ぎ!!!

そして・・・ジャジャジャジャーン!!!

新しい元号が発表

[令和]

TVで新しい元号が発表された時、私、サラリーマンの成れの果てでしょ、最初に受けた感じは「令」は命令という字が途端に頭に浮んでしまった。

だから、「令」は「キツイ」「カタイ」というイメージを持ってしまったのだけれど、イイトコの人は「令嬢」という字が頭に浮かんだらしい。どうも、私、育ちが悪いに違いない。

すぐパソコンで「れいわ」と入力したところ、出た最初の字は「例話」。次の字は「零羽」「零把」と続いて・・・最後になんと「令和」出現。アレッと思って最初の字に戻ったら、その瞬間に最初の字は「令和」、次の字が「例話」に変更されてしまった。

この字をすばやく登録したマイクロソフトの担当者の人も凄いけれど、登録された途端に、これがトップの字に躍り出たということは、何十万の人が「れいわ」と入力した証拠でしょ。ホント、油断も隙も無いとは、このことであろう。

私、自慢じゃないけれど、字が下手なのは他にヒケをとらないから、おそるおそる「令和」と書いてみたら、これがなんと書きやすいこと!!!

そして、読んでみたら「令」のイメージにかかわらず、なんと読みやすく、響きのよいこと!!!

フーン、私、最近、オエライさん不信感を抱いていたのだけれど「イイとこあるじゃん」とエラク感服。

安倍総理は「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められています」という談話を発表したけれど、安倍総理にお願い、「人々が美しく心を寄せ合う政治の世界」を作ってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。