ますます好きに・・・

先月、NHK BSテレビで、私のダーーーイ好きな二人のアーティストの番組が放映されて、私、大大満足。
その二人は、薬師丸ひろ子とPerfume。

放映されたのは「薬師丸ひろ子コンサート2018 歌がくれた出会い」という番組。彼女の35周年記念のコンサートの模様と、彼女が歌う楽曲を作った松任谷由美・竹内まりや・中島みゆき・井上陽水・大滝詠一たちのインタビュー等も紹介してあって、ニコニコしながら素敵感にあふれて見た次第。
私、昔むかしその昔、彼女が主演した映画「セーラー服と機関銃」を見た時、セーラー服を着たとびっきり可愛い彼女が
「カ・イ・カ・ン!!!」と叫んで、機関銃をブッ放すシーンを見た瞬間、彼女のファンになってしまったのである。
そして、この機関銃をブッ放すシーンが何故か心に刻み込まれ、以来、私は撃って撃って撃ちまくる「ドンパチ映画」の大ファンになってしまったのである。
撃って撃って撃ちまくる「ドンパチ映画」というのは、我がヒーローが、撃って撃って撃ちまくり敵も撃って撃って撃ちまくるけれど、何故か我がヒーローには弾は当たらず、敵だけがバッタバッタと倒れて、まずはメデタシ・メデタシという「すかっと爽やか」な映画のことである。
「どうして、そんなアホな映画をみるの?」と、尋ねられるけれど、これってみんな薬師丸ひろ子の映画のせいである。だけど、私は、彼女の大大ファンだから、何と言われようとも、アッケラカンとしている。
彼女の歌の中で好きなのは、むろん「セーラー服と機関銃」の主題歌で、来生たかおの作曲した「夢の途中」。この歌の最初のフレーズ

さよならは別れの 言葉じゃなくて
再び逢うまでの 遠い約束

から始まり、最後のフレーズ

スーツケースいっぱいに つめこんだ
希望という名の 重い荷物を
君は軽々と きっと持ち上げて
笑顔見せるだろう

まで、全部大好き!!!です。
昔むかしその昔から、ズズズイーート時間がたって、映画やTVドラマに出てくるた彼女を見ると、すっかりおばさん化しているように見えたけれど、先月見たTVの映像は、昔むかしその昔のきらめきをまとって登場、ホント素敵でした。おばさん化は、映画の中だけだったのデス。

Perfumeの出演した番組は「Perfume×TECHOLGY presents〝Reframe〟」
これはNHKホ-ルで行ったスペシャルライブの模様を紹介した番組である。
すっかり年寄りの私が「Perfumeが好きなんてオカシイ」と思われるかもしれないけれど・・・ウン、その通りで、CDを買う訳でもないけれど、何故かファンなのである。
と、言うのは 私、「紅白歌合戦」を毎年懲りなくしっつこく見ているのだけれど、ウン年前にPerfumeが出演。女性3人のユニットで踊りながら歌うのだけれど、それがスゴかったのデス。
演奏も歌声もコンピューターを通しているみたいで、踊りもそれに合わせてロボット風の動き。それにステージのバックに映し出されるコンピュータで操作された摩訶不思議でお洒落な映像が素敵いっぱい。私、ポカーンとして歌より映像を惚れ惚れしながら見た次第である。
先月NHKTVで放映された番組は「テクノロジーを生かしてPerfumeの可能性をReframe(再構築)するというライブ公演」・・・てなことを言われても、すっかり年寄りの私、「?」でしょ。だけど、最先端のコンピューターを駆使した映像を駆使したライブは、スゴーーーイの一言。これぞ、Perfumeの集大成ともいうべきライブだったのです。
私、SFも大好きだけれど、まさにSF風のライブみたいで、近未来のライブを先取りしてるって気がした次第である。

薬師丸ひろ子の世界とPerfumeの世界は真逆みたいだけれど、それだけに違う魅力を発信していて、共にますます好きになりそう・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。