グランソレイユ合唱団に乾杯

わが街北九州市は「合唱の街・北九州」として、全国的に知れわたって・・・いないけれど、とにもかくにも、まあ、そういうことになっている。
この「合唱の街・北九州」のキャッチコピーが出来たのは今年。だから、知れわたっていないのは当然だけれど、合唱を通じてさらに元気な人づくり・街づくりを進め、合唱のすそ野を広げて合唱のレベルを上げようという趣旨である。
と、いう訳で北九州市が主体となって「グランソレイユ合唱団」が結成され、2000席の規模を持つ「北九州ソレイユホール」で演奏会を開催するということになったのである。
わが街には、もともと、コーラスグループは数知れず、合唱団も乱立気味みたいだから、新たに合唱団を立ち上げてもメンバーが集まるの?と思っていたけれど、「グランソレイユ合唱団」のメンバーは、なんと65歳以上の人と小学生の子供たちを対象にするという。
おじいちゃん、おばあちゃんが孫と一緒に歌いましょうという仕組みである。
よく考えてみると、わが街には児童合唱団に中学校の合唱団、あとは大人の合唱団と年代別に組織され、大人と子供が心を一つにして歌う合唱団はないのである。
なんとうまいこと考えたなと感心した。ジジ・ババの劣化気味の声をカバーして子どもたちが歌えば効果抜群と、その点からいってもいうことなしである。
それに、カータイ合唱団ではなくユールイ合唱団ということだし、楽しく歌いましょうということなので、後期高齢者を除くとは書かれていなかったから、いい加減年寄りの私でも「マ、いいか」と勝手に判断、参加することにしたのである。
シニア&子ども合唱団の仕組みを考えたのは、きっと賢明な北九州ソレイユホールの橘照子館長さんの発想だと思うけれど、それより素敵なのは橘館長さんが引っ張ってきた合唱指揮・指導者。
藤原歌劇団の日本を代表的するテノール歌手村上敏明さん。10回にわたる練習の都度、東京から来てもらうという贅沢な仕組みになっていて、練習の時には、村上敏明さんがオペラのアリアを歌ってくれるというおまけ付である。
ステージに立つ私たちに向かって、客席を背にソレイユホールいっぱいに響き渡る歌声を聴くという贅沢なひと時を過ごすことが出来ました。
演奏会に先立ち10月9日に、北九州市小倉区の大型商業施設「リバーウオーク」のミステックコートで「まちかどコーラスinリバーウオーク」が開催され、市内の20の合唱団が参加。
「グランソレイユ合唱団」も出演して「フニクラ・フニクラ」と「オーソレミオ」の2曲を村上敏明さんと一緒に歌い、村上敏明さんはソロで「グラナダ」と「マイ・ウエイ」を歌って大喝采。すごいでしょ。でも、これって村上敏明さんのおかげ・・・。ウーン、村上敏明さんがいなかったら小喝采だったかもしれぬ。
と、いうことで、演奏会本番は10月22日。「イタリアのカンツォーネ」「日本の歌」「オペラの名曲」など、市民が主役「合唱の街・北九州」を全国に発信するコンサートです。ジジ・ババだけでなく、とっても可愛い子ども付の合唱と素敵な村上敏明さんの独唱をお楽しみください。

グランソレイユ コーラスフェスティバル

日 時  10月22日17時
場 所  北九州ソレイユホール
出 演  
・輝かしい受賞歴を誇る小学生合唱団
 北九州市立日明小学校合唱団
・男性合唱の持つやさしさと力強さを
 男性合唱団 Yahata Men’s Chorus
・私たちはいつまでも歌い続けます
 北九州市少年少女合唱団OB会
・村上敏明さんとともに皆で歌おう
 村上敏明とグランソレイユ合唱団
入場料  1000円

 
※ 村上敏明ーー国立音楽大学卒。藤原歌劇団。東京芸術大学非常勤講師。2001年より2007年までイタリヤ・ポローニヤに留学。イタリヤオペラを中心に45役を超えるレパートリーを有し、「NHKニューイヤーオペラコンサート」にも数多く出演している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。