母よ 誰が

 北九州市立文学館で「忘れてはイケナイ物語~北九州編」の展覧会に先立ち、8月1日に「開会記念講演」として、黒田征太郎さんの講演会があり聞きに行った。
 この展覧会は、野坂昭如さんの「戦争童話集」に、イラストレーターの黒田征太郎さんが絵を入れ、「忘れてはイケナイ物語り」として映像作品&絵本を作り、その基になった「戦争童話集原画展」の展覧会である。
 黒田征太郎さんの1時間にわたる講演で、心に残った言葉は、8月15日はかって「敗戦記念日」だったのが「終戦記念日」に変わったけれど、本当は『まだ戦争は終わっていない』ということだった。

母よ誰が    黒田三郎   

母よ
誰があなたの頬から美しい輝きを奪い
あなたのしなやかな指を刷子のように荒らしてしまったのか
母よ
誰があなたの澄んだ湖水から静かさを奪ってしまったのか
僕は問い
いく度となく僕に問い
いたずらに昨日も同じ問いを問うたことを思い出し
壁を眺め
そして壁を眺めるのみである
戦争は父や息子や兄弟を
妻や母や妹の手からもぎとった
木の実のようにもがれた男たちが
次々に船艙をみたし
海の彼方へ送られて行った
故国をはなれ
五年の間椰子油と黒砂糖と石油の臭いのなかで
僕は暮していたのである
故郷が戦火に焼かれ
故郷が死んだひとの臭いであふれているときにも
僕は南十字星のかがやく空の下で
暮していたのである
母よ
そのときあなたの傍で
どんなに激しく火が燃え上がったか
どんなに激しく爆弾が搾裂したか
僕は万里の海の彼方で
しょせん叶わぬ思いと
ひそかに星を眺めていたのである
母よ
髪は白く
栄養失調に肌は黄ばみ
ひとりの見知らぬ老婦のように
あなたはそこに生きていたのであった
故郷に
母よ
再び相逢うために
僕らは何を賭けねばならなかったのか
僕は問い
いく度となく僕に問い
壁を眺め
ああ
明日もまた僕が僕に問うことを思うのである

 ※黒田三郎――1919年~1980年。1943年~1945年ジャワ島で勤務の後、現地招集を受ける。1955年「ひとりの女に」がH賞受賞。詩誌「荒地」創刊。掲載の詩は詩集「時代の囚人」(1965年刊)より。

 「忘れてはイケナイ物語~北九州編」の展覧会は、北九州市文学館(館長 今川英子)で9月8日(日)まで開催中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。