素敵がいっぱい!!!

 私の好きな男性のミュージシャンはあまりいないけれど、何故か知らねど女性のミュージシャンは沢山いる。
 その中で一番大好きなのは中島みゆき!!!
 その彼女のライブ映像が映画館で上映された。
 5月にも映画館で「歌旅 劇場版」が上映されたけれど、私にとっては「どうでもいい」仕事なのに、他人から見れば「どうでもいいなんて、とんでもない」仕事が続出して、残念ながら見に行くことが出来なかった。
 だけど、今回は絶対絶命見に行かねばならぬと決意、「どうでもいいなんて、とんでもない」なんて「とんでもない」と、ヤリクリ算段して見に行くことが出来たのである。
 よかった! 良かった!! うれしさいっぱい!!! いそいそいそいそ。
 映画の内容は、プロモーションビデオによる映像と、ロスでスタジオを借り切ってのスタジオライブ。
 このスタジオライブが凄い!!!
 何にもないスッポンポンの映画スタジオを、ライブスタジオに作り上げていくのだけれど、何しろクレーンなんかも使っての大変貌。
 かくして、中島みゆきを囲んで演奏する豪華絢爛で素敵さ溢れるライブスタジオが出来上がってしまった。
 ビンボウ性の私は、アメリカまで行って、既存のスタジオも使わず、多分有名な・・・だけどギャラ高そうなプレイヤーを使ってペイするのかなと心配してしまった。だけど、中島みゆきだもんね、ウン、これってゲスの考え。
 彼女が工事中のスタジオを見に行った時に見せた素顔も素敵だったけれど、大画面で大音響の中で歌う彼女の一挙一動も素敵で、もうシミジミ、ウットリ、ホレボレ!!!
 それから、演奏するプレイヤーのテクニックの凄いこと!!!
 彼女がスタジオでプレイヤーに会った時、ハグしていたので・・・チェツ、デタラメ、怪しからん、なって考えた訳ではありません。ホントです・・・彼女がCDのレコーデングをする時に使っているお馴染みのプレイヤーだろうけれど、CDで聴く時と違って、映画館ではその迫力たるやビックリ!!!
 彼女の衣装は、どれもゴージャスでビンボウ性の私には、その価値たるや見当もつかないけれど、私が一番素敵と思ったのは、映画の最後に「時代」を歌った時のジーンズ姿。
 この映像は、ライブ会場で最後にステージ衣装を脱いで、アンコ-ルに応えて出てきた時の恰好だと思うけれど、とってもシンプルなのにお洒落に見えてすっごく素敵!!!
 ジーンズ姿を素敵に思わせる中島みゆきって、素敵でしょ。ホレボレ。
 ところで、このプログを書いて読み直したら「素敵!!!」がいっぱい。これって、私のボキャブラリーの欠如を証明しているみたいだけれど、仕方ないよね、なんたって中島みゆきさんだから・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。