一杯のコオヒイから・・・

 1日が24時間もあるなんて信じられないほど、時は駆け足で走りぬけ、街はクリスマスを装って、今年もまもなく THE END。
 私は、クリスマスソングを聴くと、ほのぼの幸せ気分になってしまうので、12月は大好きな季節である。
 だから、今も、オールデイのクリスマスソングを聞きながら、パソコンのキイを叩いているけれど、我が街のタウン誌『おい街』には、「イルミネーションに誘われて」と題して

風の冷たさが肌にしみるようになり、小倉の街だけでなく門司港や
八幡、若松の街は暖かな光が灯され淡く照らし出される。
輝く光に引き寄せられ、手を取り合い肩を並べて歩く恋人達。
光の動物達にはしゃぐ子ども達。
昔を思い出すように同じ歩調でゆっくりと歩く、お父さん、お母さん。
イルミネーションの光は私たちに感動とときめきを与えてくれる。

 そう、私もイルミネーション大好人間。私の住む街の小倉井筒屋クロスロードからリバーウォークにかけての光に彩られた通りを歩いて、気分的には
 「手を取り合い肩を並べて歩く恋人達」となりたいけれど、
 でも、ホントは
 「ゆっくりと歩く、お父さん、お母さん」でもなく
 「トボトボと歩く、おじいさん おばあさん」
 ウーン、残念。人生なんて説明のつかないことばかりである。
 ところで、あなたはイルミネーション、誰と見に行くの?

 今、スピーカーから山下達郎の名曲「Christmas eve」が流れているけれど、洋楽のクリスマス・ソングはハツピイ・クリスマスが多いのに、日本は切ない曲の方が多いような気がする。
 歌人・俵万智も
 『罰としてくるクリスマス・イブは雨 聖しこの夜一人で眠る』と、別れのクリスマスを詠っているけれど、これって、ポイした方だから、いまさら後悔しても、マ、仕方ないよね。
 でも、今年、物も心もデフレと眠れぬ夜を重ねて、ハツピイ・クリスマスなんて歌う気になれないと云う人も多いに違いない。 
 だけど、心凍える時があっても、1杯のコオヒイで、
 「ああ、おいしい」と思ったら、それって、ちっぽけなことだけれど、幸せ・・・と感じることができたら、そう、あなたは、どんなつらいことがあっても、それを乗り越えることが出来る、ウン、きっと、乗り越えられる人だと思う。
 そう、幸せなんて、向こうから来るものではなくって、自分から作っていくものだから・・・。
 だから、悲しみは封印して、来年はせめて
『夢 くもり、ときどき晴れ』となりますよう、今、生きづいていることを疎かにしないよう生きてゆきたいものです。
 今年、この『夢旅人』の頁を開いていただきまして、有難うございました。
 また、来年も笑顔でお会いできますように・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。