切なくて クリスマス

 もう、アッというまに今年も、もうすぐTHE END。
 あといくつ寝るとお正月といって指おり数えていた子供の頃、人生にはまだまだ先があると夢見ていた青春のあの頃、時はゆるやかに流れていたけれど、今では「光陰矢の如し」というより「光陰ミサイルの如く」時間が駆け抜けてしまう。
 でも、人生の残り時間をカウントする年齢になっても、街にクリスマスソングが流れ光が溢れてくると、心ウキウキ、何かイイことありそうな気がしてくる。
 私は、クリスマスソング大好き。だから少ないながらもクリスマスソングのテープを6本持っている。その中で一番のお気に入りは「1986年・メリークリスマス」とラベルに書かれた古いプライベートテ-プ。
 ここだけの内緒の話だが、このテープはあの人(個人情報保護条例に基づき氏名は非公開とする)が、自分の好きなクリスマスソングをダビングしてプレゼントしてくれたものである。
 このテープの中で、私が好きな曲は矢沢栄吉の「ラストクリスマスイブ」それに薬師丸ひろ子の「クリスマス・アベニュー」
 実は、映画俳優で好きな男性の俳優はいないが、年相応の好きな女優さんはいっぱいいる。言うまでもなく吉永小百合をトップに、田中裕子、大原玲子、薬師丸ひろ子‥‥以下エンエンと続くが紙面の都合で略‥‥である。となれば、物の順序として薬師丸ひろ子の「クリスマス・アベニュー」 ウン、でも薬師丸ひろ子が好きというだけじゃなくって、曲も素敵。
 今、このテープを聞きながらこの原稿も書いているのだけれど、クリスマスソングには、何故か、山下達郎の「Christmas eve」を初めとして、クリスマスというのに別れを歌った歌が多い。ハッピイクリスマスより、ひとりぼっちのクリスマスと切なさを歌った方が、心に訴えるものが多いのかもしれぬ。
 その中でも、浜田省吾の名曲「Midnight Flight-ひとりぼっちのクリスマスイブ」は、好きだと言えなかったばかりにイブの日に別れた男の歌である。

あの娘乗せた翼 夜空に消えてく
空港の駐車場 もう人影もない
“行くな”と引き止めれば 今頃二人
高速を都心へと 走っていたはず
失くしたものが あまりに大きすぎて 痛みを
感じることさえも 出来ないままさ
ひとりぼっちの クリスマス・イブ
凍えそうな サイレント・ナイト
ここからどこへ行こう もう何も見えない空の下

 こんな曲を、降る雪を眺めながら、しみじみと聴くのもいいけれど、でも、この歌のように打ち明けられなかったばかりに別れを迎えてしまった人は、この曲を聴くときっと涙するにちがいないであろう。
 でも、人生、出会いと別れの連続だから、きっと二人っきりのクリスマスに出会うことを信じて、そう、今年もあと僅か。忘れてしまいたいことは、忘年会できれいさっぱりと流し去り、来年に夢を紡いで生きていこうではありませんか。
 今年も 心痛めることばかり起こったけれど、絶望の一歩向こうには明日があることを信じて、たしかな日を積み重ねていきたいものです。
 では、よいお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。